鹿島神宮祭頭祭

2009年03月01日

3月9日鹿島神宮「祭頭祭」

鹿島神宮「祭頭祭」が開催されます。
開催日:平成21年3月9日(月)
午前10時から「祭頭祭」
午前11時50分から「祭頭囃」
午後6時から「春季祭」
場所:鹿島神宮周辺大町通り、仲町通り

 鹿島神宮の祭礼では最も大きな春の祭、奈良時代に九州の防備に出発した防人(さきもり)たちの勇壮な出立の祭りといわれています。

 祭頭祭は鹿島神宮を中心に50の大字を南北に分けて、それぞれ一つの大字のみなさんが参加する仕組みになっていますが、近年は、準備作業や金銭的な負担が大変なことから、参加を辞退する大字が増えており、今年は鉢形郷だけの参加になります。
 
 若者から赤ちゃんをおぶったママさんまで参加し、祭衆は歌舞伎役者のようなメークアップをして、「イヤーホエ鹿島の豊竹トホヨトヤ」と囃しながら何度となく樫棒を組み鳴らし、宮中を練り歩き夕方には鹿島神宮境内に入ります。
五色のタスキやきらびやかな衣装、ド派手な化粧に度肝を抜かれ、春の訪れを告げてくれるお祭りです。
(写真は05-03-09撮影のデータです。)
鹿島祭頭祭05-03-09鹿島祭頭祭05-03-09







鹿島祭頭祭05-03-09鹿島祭頭祭05-03-09







鹿島祭頭祭05-03-09鹿島祭頭祭05-03-09

cjs0188 at 09:24|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ