那岐那美の舞

2010年04月28日

上山川諏訪神社太太神楽(7)那岐那美の舞

上山川諏訪神社太太神楽(7)那岐那美の舞
日時:[2010]平成22年4月3日(土)午後1時〜4時
場所:上山川諏訪神社(結城市上山川160番地)
文化財:茨城県無形民俗文化財
問合:0296−35−6007(上山川諏訪神社)

 茨城県西地域では、江戸時代中期から昭和30年代にかけて、多くの神社で神楽が演じられてきた歴史があり、現在でも地域の人たちの楽しみとして「十二座神楽」が継承されています。
  上山川諏訪神社では毎年4月3日、五穀豊穣を祈る「神武祭」のおり、「諏訪神社太太神楽保存会」の皆さんにより、太太神楽が奉納されています。
 
 境内には露店が並び、骨董市、なつかしの発動機展示なども行なわれ、地域のみなさんが伝統芸能を楽しんでいる様子が伺われました。

 保存会では結城市内のほかの神社7社に出向く「神楽の出張奉納」という珍しい形をとり、神楽の伝承に努めています。
太鼓を叩いているのは中学1年生の少年、その少年のおじいちゃんが横笛を吹いています。
このように地域の人たちの努力によって、神楽が伝承されています。

(7)那岐那美の舞
第8座「ナギの舞」、第9座「ナミの舞」を連続して演技しました。
 イザナギ(伊弉諾)の神・イザナミ(伊弉冉)の神は日本の国土(本州・九州・四国・淡路・壱岐・対馬・隠岐・佐渡など)、山川草木をはじめ、もろもろの神様をお生みになった夫婦の神様で、万物の生成、五穀豊穣を祈念し、日・月の鏡を持って舞います。
結城上山川太々神楽那岐那美の舞結城上山川太々神楽那岐那美の舞






結城上山川太々神楽那岐那美の舞結城上山川太々神楽那岐那美の舞






結城上山川太々神楽那岐那美の舞結城上山川太々神楽那岐那美の舞

cjs0188 at 00:35|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ