若宮八幡宮夏越の大祓式並びに鶴子舞奉納神事

2009年06月29日

若宮八幡宮夏越の大祓式並びに鶴子舞奉納神事(1)茅の輪くぐり

若宮八幡宮 夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)鶴子舞奉納神事
茅の輪くぐり(ちのわくぐり)
日時:[2009]平成21年6月28日(日)午前10時〜12時
祭場:若宮八幡宮(常陸太田市宮本町2344)
若宮八幡宮夏越の大祓式09-06-28(2)神事茅の輪くぐり若宮八幡宮夏越の大祓式09-06-28(2)神事茅の輪くぐり






若宮八幡宮夏越の大祓式09-06-28(2)神事茅の輪くぐり若宮八幡宮夏越の大祓式09-06-28(2)神事茅の輪くぐり






若宮八幡宮夏越の大祓式09-06-28(2)神事茅の輪くぐり若宮八幡宮夏越の大祓式09-06-28(2)神事茅の輪くぐり







 大祓(おおはらえ)式は、6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる厄払いの
行事で、知らず知らずの内に犯した罪や穢れを払い清める行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といいます。

「茅(かや・ち)」には不思議な霊力を持つとする民俗信仰や民俗行事があります。
ふるさと徳島では、節分にイワシの頭を挿すのは茅の軸であり、茅の軸で作ったお箸でお粥をいただき「鬼は外」を大声で唱えた覚えがあります。

 昆虫採集少年だった頃、キリギリスをおっかけて鋭いススキの葉で手足を切ったことがあり、この鋭さ故に鬼退治や悪霊払いの願いを込めたものと考えられます、





cjs0188 at 00:27|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ