田楽舞

2013年02月11日

嵐除祭で浜大漁・陸万作・復興祈願

祭り名;嵐除祭
神社名;東金砂神社

日時:平成25年2月11日(月)午前11時〜12時30分
場所:東金砂神社境内田楽堂(常陸太田市天下野(けがの)町)

☆祭の様子☆
「嵐除祭」では嵐や災害を取り除き豊作豊漁を祈願をします。
「田楽舞」は国指定選択民俗芸能、茨城県指定無形民俗文化財です。
神事は氏子や日立市水木講中の代表、参拝客が古式ゆかしい祭礼を見守りました。

神事に続き、浜方が東側、陸方が西側の田楽堂の羽目板をぶち抜く年占いも行われました。どちらが早く打ち抜くか。
今年は浜方が先に羽目板を打ち抜き、「浜大漁、陸満作」の申し合わせがなされました。

田楽舞は天孫降臨の故事にちなんでいます。その演目は
「四方固め」・・・・猿田彦が太刀、柄太刀、矛、函払いなどを順に持って四方を固め、天下泰平を祈る舞
「獅子舞」・・・・・・祭神である大国主命の面を付け、獅子を手なずけ(獅子は荒ぶる神を表す)、稲の豊作を祈る所作。獅子が4隅で大口をあけるのは、田の害虫をとって食べる動作を意味している。
「巫女舞」・・・・・・巫女の面をかぶり両手に神楽鈴を持って、前段で活躍した大国主命を慰める舞
「三鬼舞」・・・・・・赤鬼、黒鬼、青鬼が荒々しく振る舞い、護摩もちをさらっていく。
昔、東金砂神社に訪れる参詣者を鬼が悪さをするので住職が諌めると、鬼は「何も食べ物がない」といったので、「それなら猿の餅を食べろ」といった故事にちなんでいる。以降悪さをしなくなったといわれています。

田楽舞の後、神猿が焼いたお餅(割り箸に刺した真っ黒のお餅)をさい銭と交換する参拝客で大賑わい。これにより今年の無病息災を願うものです。

金砂大祭礼(72年に一度開催)では見るのが大変だった「田楽舞」が毎年見られます。
東金砂神社嵐除祭13-02-11東金砂神社嵐除祭13-02-11







東金砂神社嵐除祭13-02-11東金砂神社嵐除祭13-02-11







東金砂神社嵐除祭13-02-11東金砂神社嵐除祭13-02-11

cjs0188 at 17:54|PermalinkComments(0)

2009年04月02日

西金砂神社小祭礼(15)御社頭にて田楽舞

西金砂神社小祭礼(15)
日時:平成21年3月19日(木)〜22日(日)[2009]

第四日3月22日(日)
17:20〜御社頭にて祭典
17:45〜田楽舞
 大祭場(境内)の西側に城跡(御旅所)と同じく祭壇と田楽舞台が設営され、夕闇迫り冷たい霧が流れて、ますます荘厳な雰囲気の中で最後の神事と田楽舞が執り行われました。
見物の人は我々のグループ4人とあと2人ほど、舞台を独占する形でかじりついて鑑賞することができました。

 舞台の床と欄干の間から撮影していると、猿田彦が床を踏み鳴らす振動が頭に伝わり迫力満点です。
第4段「一本高足」では、通常一本高足に乗ってトントンと跳ねる動作をしますが、乗らないで床に円を描くように一本高足でトントンと突く動作を行いました。
最後の最後で丸く収める所作かと思われます。
西金砂神社小祭礼09-3-22(8)祭事西金砂神社小祭礼09-3-22(8)祭事






西金砂神社小祭礼09-3-22(8)祭事西金砂神社小祭礼09-3-22(8)祭事







西金砂神社小祭礼09-3-22(8)祭事西金砂神社小祭礼09-3-22(8)祭事

cjs0188 at 00:25|PermalinkComments(0)

2009年04月01日

西金砂神社小祭礼(14)城跡で田楽舞

西金砂神社小祭礼
日時:平成21年3月19日(木)〜22日(日)[2009]

第四日3月22日(日)
15:20〜城跡(御旅所)にて祭典
16:20〜城跡(御旅所)にて田楽舞

 花纏と町田火消行列が終ると神輿は大祭場(境内)から移動し、城跡(御旅所)にて祭典が行われました。
田楽が始まる頃には雨は霧雨〜霧となり西金砂神社を包み込み、日暮れが早まったように夜のとばりが迫り、幽玄な空気が漂います。

 午後3時から下山のシャトルバスが運行が開始されたので、見物の多くの人は帰路に着き、田楽を見る人はわずかになり、田楽舞台を遠巻きに見守ります。
舞台に近づきたいのですが、花纏と町田火消行列が練りに練ったので、祭場はドロドロ、履物が泥にとられてすべりそうです。

第3段「種まき」で播いたコシヒカリのモミからやがて芽が出て田圃になり、秋には実るかもしれません。
西金砂神社小祭礼09-3-22(7)c田楽御旅所西金砂神社小祭礼09-3-22(7)c田楽御旅所







西金砂神社小祭礼09-3-22(7)c田楽御旅所西金砂神社小祭礼09-3-22(7)c田楽御旅所






西金砂神社小祭礼09-3-22(7)c田楽御旅所西金砂神社小祭礼09-3-22(7)c田楽御旅所

cjs0188 at 00:14|PermalinkComments(0)

2009年03月21日

3月22日西金砂神社小祭礼(常陸太田市)

第198回西金砂神社小祭礼が開催されます。
日時:平成21年3月19日(木)〜22日(日)[2009]
問合先:常陸太田市役所金砂郷支所産業観光課
    電話0294-76-2111

小祭礼は西金砂神社で816年に始まり、7年ごとの未年と丑年に行われ、天下太平、五穀豊穣を願います。
西金砂神社を出社した行列は3泊4日の日程で総勢150名程度で常陸太田市馬場町までを渡御行列します。
大祭礼では見られなかった「町田火消行列」や「花まとい」の華やかな繰込みが見ものです。

小祭礼の日程とコース
3月19日(木)西金砂神社にて出社祭(10:00)〜中染仮殿着(17:30)
3月20日(金)中染仮殿にて田楽舞(14:00)〜これより先に町田火消行列繰込み
3月21日(土)中染仮殿出発(8:00)〜和田祭場〜馬場祭場〜中染仮殿(22:00)
3月22日(日)中染仮殿出発(8:00)〜西金砂神社祭入社(18:30)

小祭礼の詳細
第一日3月19日(木)
(10:00)西金砂神社にて出社祭
(13:00)西金砂神社を出社
(14:30)天下野(けがの)にて祭事
(16:30)永久橋にて七度半の儀式
(17:30)中染仮殿着(泊)

第二日3月20日(金)
(午後)中染仮殿にて町田火消行列の繰込み
(14:00)中染仮殿にて祭典・田楽舞

第三日3月21日(土)
(8:00)中染仮殿出発→町田→和田
(10:30)和田にて七台の屋台・町田火消行列の繰込み
(11:00)祭典開始
(12:00)田楽舞開始
(13:00)七台の屋台で芸者の手踊り(14:00まで)
(14:30)神輿出発
(15:00)七台の屋台退出開始
(15:30)芦間にて祭事
(17:30)下大門にて祭事→増井→新宿
(19:30)馬場にて祭典・田楽舞(21:00まで)
(22:30)バスにて移動→中染仮殿

第四日3月22日(日)
(8:00)中染仮殿出発
(8:30)永久橋
(10:00)天下野→町田火消行列の繰込み・祭事
(13:00)逆川にて祭事
(13:50)西金砂神社境内において、御神馬神事
(14:00)花纏繰込み
(14:50)火消行列の繰込み
(15:20)城跡(御旅所)にて祭典
(16:20)田楽舞
(17:20)御社頭にて祭典
(17:45)田楽舞
(18:10)潮水行事
(18:30)御入社
(19:00)神輿格納
☆3月19日(木)西金砂神社への交通
 小祭礼実行委員会に確認したところ、神社境内の通り抜け駐車はできない、マイクロバスの運行もないとのことです。
 ◎「金砂の湯」側から入って一の鳥居右側のポケットパークに駐車して徒歩で登る。
 ◎「そば工房」側から入って西金砂神社裏手500m滝展望台付近にある空き地(狭い)に
        駐車して徒歩で神社に向かう。

シャトルバスと交通規制
☆3月22日(日) マイクロバスを運行
 運行ルート:旧金砂小学校→「金砂の湯」第3パーキング→西金砂神社→そば工房→旧金砂小学校
運行時間行き:午前8:00〜11:00
(実際は:雨にも関わらず、西金砂神社境内に向かう人が多く、どのシャトルバスも満員で、第3パークで待っていては、一時間以上待っても乗れない状況でした。次回には何らかの対策をしてほしいものです。)
運行時間帰り:午後3:00〜6:00
(実際は:「最後の一人まで送る」とバス停の時刻表に書いてあったにも関わらず、午後6:00で打ち切りであった。「ご入社」「神輿格納」まで見学していた4人は下山できない事態になってしまいった。氏子総代を送る9:00まで寒い境内で待てという。)

各町内での行事
メインの行事とは別に町内毎の行事もあります。
調査できたところのみ下記します。
赤土町の花マトイ
3月20日10:00〜12:00傘そろえ
    花マトイの行列が町内を回る
3月22日西金砂神社へ繰り込み
3月23日10:00〜12:00傘抜き・・赤土町集会所付近で

上宮河内町の花マトイ
3月20日10:00〜12:00笠そろい
    花マトイの行列が町内を回る
3月22日西金砂神社へ繰り込み
3月23日10:00〜12:00笠抜き
    花マトイの行列が町内を回る

下宮河内町の花マトイ
3月20日10:00〜12:00笠そろい
    花マトイの行列が町内を回る
3月22日西金砂神社へ繰り込み
3月23日10:00〜12:00笠抜き
    花マトイの行列が町内を回る


和久町の山車
3月20日8:00〜山車の組み立て
3月21日8:00〜和田祭場へ
3月22日9:00〜山車の巡行・笠抜き奉納:和久町内
3月23日山車解体・返納・せり払い

松平町の山車
3月15日8:00〜山車の組み立て
3月20日12:00〜山車飾りつけ・笠揃え:松平町内
3月21日8:00〜和田祭場へ
3月22日(休業日)
3月23日山車解体・せり払い

和田町の山車
3月15日8:00〜山車の組み立て
3月20日
3月21日8:00〜和田祭場へ
3月22日9:00〜山車の巡行・笠抜き奉納:和田町内

芦間町の山車
3月15日8:00〜山車の組み立て
3月20日
3月21日8:00〜和田祭場へ
   19:00〜芸妓手踊り披露、御苦労会

東蓮地町の山車
3月19日10:00〜山車搬入
3月20日
3月21日8:00〜和田祭場へ

国安町の山車
3月14日事務所開き
3月20日8:00〜山車の作成
(山車を祭礼のたびに作る?!)
3月21日8:00〜和田祭場へ
3月22日9:00〜山車の巡行・笠抜き奉納:国安町内
3月23日山車解体・せり払い

棚谷町の山車
3月21日7:30〜笠ぞろえの後和田祭場へ
3月22日9:00〜山車の巡行・笠抜き奉納:棚谷町内






永久橋にて七度半の儀式
天下野地区と中染地区の行列引き継ぎが行われる。
祭金砂大祭礼03-03-24馬場田楽祭金砂大祭礼03-03-24馬場田楽









田楽舞では四つの演目が舞われ、それぞれ「四方固め」「獅子舞」「種子蒔(たねまき)」「一本高足」と呼ばれています。
その所作は素朴なもので、平安時代初期の神事が舞へ芸能化する過程の所作が、伝承されているものと思われます。
祭金砂大祭礼03-03-24馬場田楽祭金砂大祭礼03-03-24馬場田楽







祭金砂大祭礼03-03-24馬場田楽祭金砂大祭礼03-03-24馬場田楽






花纏いと行列
祭金砂大祭礼03-03-24馬場田楽祭金砂大祭礼03-03-24馬場田楽








花まとい作り(2009-3-8撮影)
西金砂小祭礼では、赤土、下宮河内、神宮河内、諸沢の4地区の氏子が4っつの花まといを奉納します。
赤土地区では住民が手作りで花まといを作っています。
金砂郷09-03-08花まとい作り金砂郷09-03-08花まとい作り








和田祭場の準備の様子(2009-3-15撮影)
西金砂神社小祭礼09-3-15和田の準備西金砂神社小祭礼09-3-15和田の準備








「町田の火消し行列」練習風景(2009-3-15撮影)
西金砂神社小祭礼09-3-15町田の火消し行列練習西金砂神社小祭礼09-3-15町田の火消し行列練習







和田町の山車はすでに組み立て完了(2009-3-17撮影)
西金砂神社小祭礼09-3-17和田の山車西金砂神社小祭礼09-3-17和田の山車






国安町の提灯(2009-3-18撮影)
西金砂神社小祭礼09-3-18国安松平の山車西金砂神社小祭礼09-3-18国安松平の山車






松平町の山車・飾り付けはまだ(2009-3-18撮影)
西金砂神社小祭礼09-3-18国安松平の山車西金砂神社小祭礼09-3-18国安松平の山車

cjs0188 at 00:00|PermalinkComments(2)

2007年02月08日

「嵐除祭」が行われます。

日時:平成19年2月11日(日)午前11時〜12時30分
場所:東金砂神社境内田楽堂(常陸太田市天下野(けがの)町)

「嵐除祭」では厄除け・豊作豊漁の祈願をします。また年占いも行われます。
「田楽舞」は国指定選択民俗芸能、茨城県指定無形民俗文化財です。
金砂大祭礼(72年に一度開催)では見るのが大変だった「田楽舞」が毎年見られます。

東金砂神社への道は非常に険しく、車のすれ違いも難しいので小さい車で行くのが良いでしょう。
また駐車場も数十台分しかありません。空き地を探して駐車することになります。
嵐除祭

cjs0188 at 06:42|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ