田楽奉納

2009年03月28日

西金砂神社小祭礼(10)馬場祭場で田楽奉納

日時:平成21年3月19日(木)〜22日(日)[2009]

3月21日(土)午後7:30〜 馬場八幡宮で
 中染祭場と和田祭場で二度も見たから田楽はもうよかろうと思いつつ、好奇心の強い者としては何かを期待して、馬場祭場に先回りして舞台の前にカメラをセットしました。
大祭礼の時には舞台の正面前に陣取るのに午前4時頃からでかけたものですが、今回は楽に陣取ることができました。
 意外に観客が少なく、前列にカメラマンが座り後列に見物人が立ち見する形でごく静かな祭場でした。

 受け渡しの世話役が7時頃でかけ、7時半には神輿を迎え祭典が執り行われました。
シーンと静まり返った暗闇に宮司の祝詞と下がり葉の笛の音が響き、厳かな雰囲気がただよっています。
 田楽では猿田彦や一本高足の異形の面が暗闇に浮かび出て、怖い思いをしました。
この赤いの面に呪術により悪霊も退散するはずです。

 馬場祭場の舞台は低く欄干もないので、他の祭場では見えない獅子舞の顔を見ることができました。案外小さめの獅子頭で、のそりのそりと這いずる様は牛が田を耕す様をよくあらわしています。
西金砂神社小祭礼09-3-21(8)太田馬場祭場田楽西金砂神社小祭礼09-3-21(8)太田馬場祭場田楽






西金砂神社小祭礼09-3-21(8)太田馬場祭場田楽西金砂神社小祭礼09-3-21(8)太田馬場祭場田楽






西金砂神社小祭礼09-3-21(8)太田馬場祭場田楽西金砂神社小祭礼09-3-21(8)太田馬場祭場田楽

cjs0188 at 00:36|PermalinkComments(0)

2009年03月27日

西金砂神社小祭礼(9)和田祭場で田楽奉納

日時:平成21年3月19日(木)〜22日(日)[2009]
3月21日(土) 和田町祭場で
 七台の山車が繰り込み完了し、所定の席におさまると煙火がド〜ンパチパチ、町田火消行列が繰込み、御輿渡御が行われますが、人の波にかき消されヤリやノボリの先しか見えません。
 祝詞奏上、玉串奉てんなどの神事が一時間、12時頃にようやく田楽舞が始まりました。
田楽は四方を固める所作や呪術的な動作をするものの、ごく単調な舞なので今風の”舞”や”お祭り”を期待してみていると「何だ?」と疑問が残ります。
 今回はそれぞれの田楽の前に、舞の意味と歴史などを解説してくれたので、なんとなくありがたいような気分で見守りました。
第三段「種まき」の時に播かれるコシヒカリのモミはご利益があるというので、一粒一粒拾って持帰り、自宅の神棚におまつりしています。
西金砂神社小祭礼09-3-21(5)和田祭場田楽西金砂神社小祭礼09-3-21(5)和田祭場田楽






西金砂神社小祭礼09-3-21(5)和田祭場田楽西金砂神社小祭礼09-3-21(5)和田祭場田楽






和田祭場で田楽と屋台の余興が終ると御輿は芦間祭場へ向けて出発します。
芦間祭場では神社の上り口、路上で祭典が行われており、ちょっと不思議だなと思いました。
さらに大門祭場へと神輿は進みます。
西金砂神社小祭礼09-3-21(5)和田祭場田楽西金砂神社小祭礼09-3-21(5)和田祭場田楽

cjs0188 at 00:33|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ