水戸黄門像

2007年11月13日

水戸農人形 in笠間

笠間 匠のまつり 
開催日:2007年11月1日(木)から4日(日)
会場:笠間芸術の森公園特設会場
匠のまつりでは笠間焼きの販売のみならず、たのしいイベントも盛りだくさんです。

茨城県郷土工芸品「水戸農人形」の斉藤さんが実演販売中です。
「水戸農人形」は徳川斉昭公が農民の労に感謝して青銅で作った農民像をお膳の上において、人形が抱え持つ笠の中に一箸のご飯を供えたと言われています。

それが木彫りの民芸品として伝承されているのが農人形です。
蓑を着てあぐらをかいた農民が、手にした鎌を肩にかけ、ひざの上に笠を仰向けに乗せ、傍らには藁の束を置いています。

水戸黄門像など、農人形以外のものも作っています。
伝統工芸笠間匠の祭り水戸農人形1伝統工芸笠間匠の祭り水戸農人形1







「水戸農人形」を制作中、固い材料を黙々と削っています。傍らでは奥さんがお客さんに説明していました。
伝統工芸笠間匠の祭り水戸農人形1伝統工芸笠間匠の祭り水戸農人形1






茨城のおもしろイベントについては
わくわく茨城競ぅ戰鵐半霾」を御覧ください。


cjs0188 at 06:25|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ