徳蔵大師祭

2010年05月07日

徳蔵大師祭(7)八木節源太踊り・流笠と弓張笠

徳蔵大師祭(7)八木節源太踊り・流笠と弓張笠
◆日時:[2010]平成22年4月29日(祝・昭和の日)
◆場所:徳蔵大師(とくらだいし)徳蔵寺(とくぞうじ)
    城里町徳蔵 (旧七会村)

 徳蔵寺では毎年4月29日には護摩祈祷が行われ、余興として、よさこいソーラン、フラダンス、源太踊り、フーテンの寅さん出演、チンドン屋など盛りだくさんのイベントが為され、多くの人たちが一日を楽しみました。

 徳蔵寺は弘法大師によって弘仁5年(814)に創建されたと伝えられる古いお寺です。
大日如来を御本尊とする真言宗智山派に属し、かつては衆徒300坊を擁し、常時修行に励み宗教教育文化の中心として栄えたと記録されています。
この寺には、当地を訪れた若き日の弘法大師空海と、村の美少女・徳藏姫の悲恋伝説が語り継がれています。

(7)八木節源太踊り・流笠と弓張笠 
(城里町指定無形民俗文化財)
八木節源太踊りの紹介1
(平成21年度(第33回)茨城県郷土民族芸能の集い出演者団体紹介パンフレットより:当日配布)

 下赤沢地区に伝わる八木節源太踊りは、明治時代にやってきた芝居一座の宿に、地元の若者たちが連日遊びに行き、役者の練習を見ながらこの踊りを覚えたのが始まりと言われています。

 主に地元の神社や寺などで例年奉納されるほか、依頼を受けて公演を行っています。
踊りは、花笠や番傘を持ち八木節の早い拍子に合わせて踊るとても激しい踊りで、大太鼓、小太鼓、笛、鉦、鼓のお囃子と音頭の歌声がとても賑 やかな印象を与え踊りをいっそう盛り上げています。
 
 演目は、安笠、流笠、車笠、双笠、弓張笠などがあり、そのなかでも弓張笠は非常にダイナミックで華やかな踊りです。子どもたちは、弓張笠を踊ることを目標に日夜練習に励んでいます。

催行日
4月29日(昭和の日)「徳蔵大師祭」
7月下旬の下赤沢地区にある鹿島神社の祇園祭り(隔年実施)


八木節源太踊りの紹介2(城里町)
(平成15年度茨城県郷土民族芸能の集い出演記録パンフレットより)
◆管理者:下赤沢民俗芸能保存会
◆所在地:七会村下赤沢150(現城里町)
◆指定:城里町指定無形民族文化財 平成10年4月23日指定

 明治38年日露戦争の戦勝記念に、栃木県芳賀郡茂木町の地芝居を七会村に招きました。
当時娯楽の少ない村では、若者が連日、一座の宿に遊びに行き、役者の練習を見ながらこの踊りを覚えたと伝えています。

 一座の演じた歌舞伎は、4幕12景でありましたが、その中に八木節源太踊りがありました。
それから2〜3年後の鹿島神社の夏祭りで若者たちがこの踊りを演じるようになりました。
踊りの基本は、八木節であるので、テンポは速く、激しい踊りです。

徳蔵大師祭流し笠荒神山徳蔵大師祭流し笠荒神山






徳蔵大師祭流し笠荒神山徳蔵大師祭流し笠荒神山






徳蔵大師祭弓張笠忠臣蔵徳蔵大師祭弓張笠忠臣蔵






徳蔵大師祭弓張笠忠臣蔵徳蔵大師祭弓張笠忠臣蔵

cjs0188 at 00:43|PermalinkComments(0)

2010年05月06日

徳蔵大師祭(6)八木節源太踊り・安笠

徳蔵大師祭(6)八木節源太踊り・安笠
◆日時:[2010]平成22年4月29日(祝・昭和の日)
◆場所:徳蔵大師(とくらだいし)徳蔵寺(とくぞうじ)
    城里町徳蔵 (旧七会村)

 徳蔵寺では毎年4月29日には護摩祈祷が行われ、余興として、よさこいソーラン、フラダンス、源太踊り、フーテンの寅さん出演、チンドン屋など盛りだくさんのイベントが為され、多くの人たちが一日を楽しみました。

 徳蔵寺は弘法大師によって弘仁5年(814)に創建されたと伝えられる古いお寺です。
大日如来を御本尊とする真言宗智山派に属し、かつては衆徒300坊を擁し、常時修行に励み宗教教育文化の中心として栄えたと記録されています。
この寺には、当地を訪れた若き日の弘法大師空海と、村の美少女・徳藏姫の悲恋伝説が語り継がれています。

(6)八木節源太踊り・安笠と流笠 
(城里町指定無形民俗文化財)

本日の演目は以下の4曲です。
*安笠・・口上は「あいさつ源太」
*流笠・・口上は「国定忠治」
*流笠・・口上は「荒神山]
*弓張笠・口上は「忠臣蔵」(2009-11-28茨城県郷土芸能の集いでは「国定忠治」)
踊りと口上の組み合わせは適宜変化があるようです。

 歌は賑やか、踊りは華やか、いつ見ても楽しい踊りで見る者を元気にしてくれる魅力があります。和製ヒップホップダンスか、舞祭で踊っても拍手喝采を得られるでしょう。
小学生から高校生まで多くの子どもたちが保存会に参加しているという羨ましい踊りです。

 八木節は約100年前に「掘込源太」が作ったといわれていますが、決まった歌詞はなく、自由に作詞できる良さがあり、七・七調で歌われます。
 
 小道具も花笠や扇子、唐傘などを駆使して、観客が楽しめるような趣向がなされています。
踊るテンポが速く小気味良い所作で、踊るも楽しい、見るも楽しい演目でした。
但し踊るのはそのテンポの速さから、若く元気な人に限定されるようです。
徳蔵大師祭安笠挨拶源太徳蔵大師祭安笠挨拶源太






徳蔵大師祭安笠挨拶源太徳蔵大師祭安笠挨拶源太






徳蔵大師祭流し笠国定忠治
徳蔵大師祭流し笠国定忠治

cjs0188 at 16:10|PermalinkComments(0)

2010年05月05日

徳蔵大師祭(5)フラで明るくにこやかに

徳蔵大師祭(5)フラダンス
◆日時:[2010]平成22年4月29日(祝・昭和の日)
◆場所:徳蔵大師(とくらだいし)徳蔵寺(とくぞうじ)
    城里町徳蔵 (旧七会村)

 徳蔵寺では毎年4月29日には護摩祈祷が行われ、余興として、よさこいソーラン、フラダンス、源太踊り、フーテンの寅さん出演、チンドン屋など盛りだくさんのイベントが為され、多くの人たちが一日を楽しみました。

 徳蔵寺は弘法大師によって弘仁5年(814)に創建されたと伝えられる古いお寺です。
大日如来を御本尊とする真言宗智山派に属し、かつては衆徒300坊を擁し、常時修行に励み宗教教育文化の中心として栄えたと記録されています。
この寺には、当地を訪れた若き日の弘法大師空海と、村の美少女・徳藏姫の悲恋伝説が語り継がれています。

フラダンス「ワイカ」 
明るくにこやかなチーム「ワイカ」によるフラダンス披露の曲目は「ワイカ」「ナカ・プエオ」「涙そうそう」です。
徳蔵大師祭10-4-29(15)フラワイカ徳蔵大師祭10-4-29(15)フラワイカ






徳蔵大師祭10-4-29(15)フラワイカ徳蔵大師祭10-4-29(15)フラワイカ






徳蔵大師祭10-4-29(15)フラワイカ徳蔵大師祭10-4-29(15)フラワイカ

cjs0188 at 00:03|PermalinkComments(0)

2010年05月04日

徳蔵大師祭(4)葵よさこいで元気に

徳蔵大師祭(4)葵よさこい 
◆日時:[2010]平成22年4月29日(祝・昭和の日)
◆場所:徳蔵大師(とくらだいし)徳蔵寺(とくぞうじ)
    城里町徳蔵 (旧七会村)

 徳蔵寺では毎年4月29日には護摩祈祷が行われ、余興として、よさこいソーラン、フラダンス、源太踊り、フーテンの寅さん出演、チンドン屋など盛りだくさんのイベントが為され、多くの人たちが一日を楽しみました。

 徳蔵寺は弘法大師によって弘仁5年(814)に創建されたと伝えられる古いお寺です。
大日如来を御本尊とする真言宗智山派に属し、かつては衆徒300坊を擁し、常時修行に励み宗教教育文化の中心として栄えたと記録されています。
この寺には、当地を訪れた若き日の弘法大師空海と、村の美少女・徳藏姫の悲恋伝説が語り継がれています。

(4)葵よさこい 
笠間、友部、岩間地区のメンバーで構成するチーム「葵」がにぎやかによさこい踊りを披露しました。
曲目は「大和パート供廖嶌廚蠅个笋掘廖屬匹辰海い靴隋廚箸い困譴睥篭い踊りです。
メンバーの一人は「地域の人たちに元気がでるように、踊っている私たちも元気でいられます。」
徳蔵大師祭10-4-29(14)大和パート彊徳蔵大師祭10-4-29(14)大和パート彊






徳蔵大師祭10-4-29(14)大和パート彊徳蔵大師祭10-4-29(14)大和パート彊






徳蔵大師祭10-4-29(14)大和パート彊徳蔵大師祭10-4-29(14)大和パート彊

cjs0188 at 05:35|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ