大根むき花

2009年12月19日

水戸市郷土民族芸能のつどい(6)大根むき花

第13回水戸市郷土民族芸能のつどい(6)大根むき花
水戸市市制施行120周年
水戸藩開藩400年記念事業
日時:[2009]平成21年11月29日(日)13:00〜16:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
目的:水戸市内に伝わる郷土民族芸能を披露することでその保存・伝承の一助とし、地域の活性化を図り、郷土愛を育むきっかけにしたい。
先人から受け継いだ郷土の芸能を後世に伝えていくため、伝承活動への理解を深めてほしい。

大根むき花・水戸市無形民俗文化財
 日本で唯一 珍しい芸能です。
大根を材料に、包丁一本でボタン、アヤメ、菊の花を冬に咲かせる驚きの技です。
農業が盛んだったこの地域、農家の休みの冬に家で結婚式をすることが多く、
飾る花のない代わりに料理の周りを飾る物として始まったと伝えられています。

カツラ剥きに3年、大根100本を練習台に修練を重ねて到達できる技術です。
ボタンの花は花びらを40枚も重ね、手のぬくもりで形を整えます。制作時間は40分くらい。

アヤメは大根の尻尾の部分を材料にして、花びら3枚のバランスをとるのが難しいそうです。制作時間は15分くらい。

キクは円錐型に刻みを入れてからカツラ剥きにしますが、これも制作には15分を要します。
大根むき花大根むき花






大根むき花大根むき花






大根むき花大根むき花

cjs0188 at 00:59|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ