伝統工芸品

2006年11月15日

粟野春慶塗

「粟野春慶塗」は日本三春慶のひとつに数えられています。
日本三春慶とはつぎの三つです。
   粟野春慶塗(茨城県城里町)
   飛騨春慶塗(岐阜県高山市)
   能代春慶塗(秋田県能代市)
室町時代の延徳元年(1489)に稲川城主・源義明が現在の城里町(旧桂村)ではじめたといわれ、500年を越える伝統の技です。
国の無形文化財に選ばれています。
材料の檜は御前山から旧七会村で一番固い石檜(いしっぴ)とよばれるものが用いられています。
漆は大子町など地元から採集されています。
その特徴は器(うつわ)に透明な漆を塗り、木地目を美しく見せる技法です。
重箱、盆、弁当箱、硯箱などが作られています。
粟野春慶塗り粟野春慶塗り

cjs0188 at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月13日

水戸農人形

茨城県郷土工芸品;水戸農人形
製造業者:宇野広一 水戸市浜田1-9-10 TEL029-231-2511
     斎藤幹雄 水戸市住吉町45-3 TEL029-247-5630
水戸農人形は江戸時代文政から天保(1820〜30年代)の頃、名君と言われた水戸九代藩主徳川斉昭公(烈公)に由来します。
国の基である農民がたびたびの天災にも負けず、日夜汗と泥にまみれて働く尊い姿に心をうたれました。
自ら青銅で農夫の像を作り、食事のたびに膳にのせ、最初の一はしのご飯を供えて農民の労に感謝したといわれています。
これが後に農人形と呼ばれるようになりました。
水戸農人形水戸農人形

cjs0188 at 16:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ