みなと八朔まつり

2009年08月12日

天満宮御祭禮(5)サラシのひも

平成21年天満宮御祭禮
みなと八朔まつり

会場:ひたちなか市那珂湊市街地
期日:[2009]平成21年8月6日(木)〜9日(日)

通りに面した家々や祭事事務所では神輿が来る前バケツ3,4個に水を汲み道路に並べます。
中には大きなステンレス製の水槽に満々と準備するお宅もあり、組頭がここで神輿を止めて揉んでいる最中に、担ぎ手がたっぷりと水を浴びせかけます。
那珂湊八朔祭り09-08-09(3)水掛け那珂湊八朔祭り09-08-09(3)水掛け






バケツの水を準備した家では家人が御祝儀を神輿の先導役に手渡し、代わりにサラシのひも状の布と紺染めの手ぬぐいをもらいます。
「家内安全」「商売繁盛」などの御利益があるように願いが込められており、神輿の担ぎ手は首にこのひもと同じものを巻いています。
那珂湊八朔祭り09-08-09(3)水掛け那珂湊八朔祭り09-08-09(3)水掛け








祭事事務所のお年寄りから漁業の町として繁栄した街並みのこと、お祭りの歴史などを教わりました。
那珂湊八朔祭り09-08-09(3)水掛け那珂湊八朔祭り09-08-09(3)水掛け

cjs0188 at 05:58|PermalinkComments(0)

2009年08月11日

天満宮御祭禮(4)神輿揉み歩き

平成21年天満宮御祭禮
みなと八朔まつり

会場:ひたちなか市那珂湊市街地
期日:[2009]平成21年8月6日(木)〜9日(日)

揉み歩き
8月9日(日)AM6:30〜10:00

 
 那珂湊は、江戸時代、漁業や廻船などにより水戸藩で最も栄えていた町であり、海にちなんだお祭りが伝承されています。
 那珂湊天満宮祭禮・みなと八朔まつりは300年間絶えることなく行われている伝統的なお祭りです。

 天満宮の祭神・菅原道真公の神霊が、海上から海辺(現在の和田町)に降り立ったという伝説からお神輿が海に入る「お浜入り」の神事が行われています。

 午前6時花火の合図とともに那珂湊おさかな市場入口の御仮殿を出発した神輿は一気に漁港ドックに到着、休むことなく海中に入り、海水をかけられ、水中に沈められ、回転、反転、渦巻きの如し。
男たちに荒々しく揉まれた神輿は10分ほどで浜に上げられ、走るようにして和田町の御旅所まで進みお腰掛けとなります。
 
 お神輿は御旅所での神事のあと那珂湊町内をくまなく揉み歩きます。
その様は水掛合戦のよう。
バケツの水、樽の水が容赦なく神輿にぶっかけられ、「大漁ッ大漁ッ大漁ッ大漁ッ大漁!」「回せッ回せッ回せ!」と激しく揉んでいる神輿の担ぎ手にもバケツ一杯の水を頭上から滝のように浴びせかけられます。

学問の神様・菅原道真公も担ぎ手も息つくヒマがありません。
(撮影する人、見物する人は少し離れた位置にいないと水をかけられるのでご注意!)
湊八朔祭り09-08-09(2)神輿渡御水掛湊八朔祭り09-08-09(2)神輿渡御水掛






湊八朔祭り09-08-09(2)神輿渡御水掛湊八朔祭り09-08-09(2)神輿渡御水掛






湊八朔祭り09-08-09(2)神輿渡御水掛湊八朔祭り09-08-09(2)神輿渡御水掛

cjs0188 at 19:00|PermalinkComments(0)

2009年08月06日

みなと八朔まつり

平成21年天満宮御祭禮
みなと八朔まつり

会場:ひたちなか市那珂湊市街地
平成21年8月6日(木)〜9日(日)

みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列
役員、稚児(男の子)、手古舞(女の子)50人ほどが行列を組み、年番町の事務所から出発、町内を回り天満宮へお宮参りです。天満宮で記念撮影後、各町内にお祭りの開催をふれてまわります。

町内の人々は玄関先で手をふり、隣町の祭礼事務所前に差し掛かると最敬礼で行列を迎えます。


(写真データは平成20年7月31日撮影のデータです。)
ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)







ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)







ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)







ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)

cjs0188 at 01:45|PermalinkComments(0)

2008年08月09日

みなと八朔まつり(6) 釈迦町の山車

 山車に乗って「オッシャイばやし」を囃しているのは芸者さんなのか気にかかるところです。
その解明の手がかりになるのが山車のまわりにたくさん掲げられている提灯で、「ひろみ」「小夜子」「釈小頭」「若連親睦会」「竹友会」などと書かれた提灯の中に「磯節保存会」の提灯が多くの山車にかかっています。
茨城の貴重な民謡を歌う「磯節保存会」のみなさんが「オッシャイばやし」「屋台ばやし」を囃しているものと思われます。
 みなと八朔まつり08-08-03(18)拾参番釈迦町みなと八朔まつり08-08-03(18)拾参番釈迦町








どの町の山車にも趣向を凝らした彫刻が施されています。
釈迦町の山車の裏舞台(この中で男性が笛と鉦を奏でています)の彫刻は波頭、鯉の滝登り、梅にウグイス、丹頂鶴などが描かれている見事なものです。
みなと八朔まつり08-08-03(18)拾参番釈迦町みなと八朔まつり08-08-03(18)拾参番釈迦町








通りで山車が対向したとき、どこかの祭りでは山車のぶつけ合いを行う祭りもありますが、みなと八朔祭りでは友好的です。
「七丁目のみなさんこんばんわ」などとお互いの山車に向かって囃しかけ「オッシャイ」でお互いにエールを交換します。
2度3度と波状的に繰り返される「オッシャイ」はそのエネルギーを競う意味もあるかもしれません
みなと八朔まつり08-08-03(18)拾参番釈迦町みなと八朔まつり08-08-03(18)拾参番釈迦町








釈迦町では小さな子どもたちまで「オッシャイ」に参加し楽しんでいました。
つぶされないよう役員が保護しています。
みなと八朔まつり08-08-03(18)拾参番釈迦町IMG_011C38

cjs0188 at 00:37|PermalinkComments(0)

2008年08月08日

みなと八朔まつり(5) 田中町のオッシャイばやし

八朔まつりにおいて唯一激しい動きは「オッシャイ」にあるようで、参加した若者がスキンシップを楽しんでいる様子が伺われます。ただし両手は上に。

組頭の合図とともに、今まで山車を曳いていた若者が山車に近い順になだれ込み、背中で「オッシャイ」が始まります。
みなと八朔まつり08-08-03(12)七番田中町みなと八朔まつり08-08-03(12)七番田中町







「そーれ それそれ オッシャイな」
「八朔まつりだ オッシャイな」
「十日も二十日もオッシャイな」
みなと八朔まつり08-08-03(12)七番田中町みなと八朔まつり08-08-03(12)七番田中町






「田中町の兄さん いい男」
「田中町のコウちゃん いい男」
「田中町のヒロシさん いい男」などと芸者衆に囃されると「オッシャイ」がいよいよ盛り上がります。
みなと八朔まつり08-08-03(12)七番田中町みなと八朔まつり08-08-03(12)七番田中町

cjs0188 at 00:25|PermalinkComments(0)

2008年08月07日

みなと八朔まつり(4) 小川町の山車

華やかに彩られた山車がトワイライトブルーに浮かびます。
みなと八朔まつり08-08-03(14)九番小川町みなと八朔まつり08-08-03(14)九番小川町






みなと八朔まつり08-08-03(14)九番小川町みなと八朔まつり08-08-03(14)九番小川町






「天満宮御紋」のヘアカット、よく目立つ人気者ですが明日から普段の生活が始まります。このままでは会社に行けないのでは、いらぬ心配をしました。
みなと八朔まつり08-08-03(14)九番小川町みなと八朔まつり08-08-03(14)九番小川町

cjs0188 at 00:01|PermalinkComments(0)

2008年08月05日

みなと八朔まつり(2) 七丁目の山車

午後6時花火の合図とともに和田町に集まった山車役員のうち、全町の役員だけが先に大通りに出て行きます。続く山車の指揮を執るのは小頭か組頭。

小さな赤ちゃんもママに抱かれて、山車を曳きます。
みなと八朔まつり(10)五番七丁目みなと八朔まつり(10)五番七丁目







坊主頭にそり込み、気合いを入れて山車を曳く坊や、2学期が始まる頃にはきれいに生えそろうかも。生えそろわなかったらママのいたずらがばれてしまう。
みなと八朔まつり(10)五番七丁目みなと八朔まつり(10)五番七丁目






女衆の囃すのは「オッシャイ囃子」、その小太鼓のたたき方に特徴があります。
太鼓の奏法について知識は持ち合わせていませんが通常よく見かけるのは、バチを固く握りしめて、ドンドンと打つ打ち方ですがここではそうではありません。
特に左手の動き、鼓面を打ったのち手のひらが上に向くように斜め45度に立ててから、体の前で垂直にし、手の向きを返してその勢いで鼓面をうつ打ち方です。
みなと八朔まつり(10)五番七丁目みなと八朔まつり(10)五番七丁目







この太鼓の打ち方を何というのかはわかりません、「芸者打ち」かな?
通常お祭りでは「勇壮」さが好まれますが、八朔まつりではあでやかさ、品の良さを表現するためにこのような打ち方になっているのでしょうか?
みなと八朔まつり(10)五番七丁目みなと八朔まつり(10)五番七丁目

cjs0188 at 05:34|PermalinkComments(0)

2008年08月04日

みなと八朔まつり(1) 和田町の山車

2008年8月3日(日)午後6時から祭礼行列を撮影しました。

午後6時花火の合図とともに和田町に集まった山車がゆっくりと出発します。

 山車を曳くのは町内の幼児から若者、赤ちゃんを負ぶったママさんまで全員参加、人手が不足する町は友人知人親戚の手をかりて山車を運行します。
そのためか、山車の動きはゆっくりしたものです。
さらに華やかに着飾った女衆が艶っぽく囃したてます。囃し人1人、大太鼓1人,小太鼓3人,三味線2人、交代要員が表舞台に,横笛1人,鉦1人は舞台裏で囃します。
「よーいやさー」という合いの手が艶っぽく響き、穏やかで華やかなお祭りです。
IMG_0056c36みなと八朔まつり







みなと八朔まつり和田町みなと八朔まつり和田町







みなと八朔まつり和田町みなと八朔まつり和田町







山車の側面には前輪を差動させるハンドルがついていて方向転換が自由に行える工夫により、子ども幼児が参加しても楽しく曳けるようになっています。
みなと八朔まつり和田町みなと八朔まつり和田町

cjs0188 at 07:16|PermalinkComments(0)

2008年08月01日

みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列(2)

みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列
行列の構成
先導車1台、役員2人、小頭:旗持ち一人、拍子木1人、金棒持ち2人、手古舞(女性5人、高校生2人、小学生6人?、幼児6人?)、稚児10人、役員10人、救護車1台。
行列の前後に交通整理役員4人。お囃子と町内への案内は先導車より流す。

 手古舞は長襦袢を右肌ぬぎ、 伊勢袴・手甲・脚絆・足袋・わらじを着けた装束で、花笠を背に、鉄棒(アルミ製ではない。8月3日に現地で手に持ってみたら案外重い物であった。)を突き、 芸名を書いた提灯を持っています。前の女性は金棒で調子をとりながら歩いていきます。

 以前は那珂湊の芸者や17,8歳の娘が勢揃いしたが、最近は少子化のため4歳の幼児まで行列しなければ人数が揃わないそうです。
それにしても、小学生以下が那珂湊市中を夕方まで歩くというのはかわいそうなことです。

稚児・手古舞行列の意味
 お祭りでは山車の先導役として手古舞や金棒持ち(烏山山あげ祭りや日立水木のささらなど)がその役につきましたが、今日は山車がありません、手古舞行列だけです。
 これは推測するに、電話もテレビもないずっと古い時代に「明日からお祭りだよ、みんな見に来てね」とふれ歩く意味があったのではないでしょうか。
行列の役員にきいてもわからない、「何せ50年ぶりの当番町だから」
ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)






ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)







ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)

cjs0188 at 23:24|PermalinkComments(2)

2008年07月31日

みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列(1)

平成20年天満宮御祭禮
みなと八朔まつり行事日程

会場:ひたちなか市那珂湊市街地
平成20年7月31日(木)午前9時から
○年番龍之口町お宮参り(稚児・手古舞行列)

平成20年8月1日(金)午後6時から
○天満宮で例祭執行(天満宮にて)

平成20年8月2日(土)
○風流物(山車)巡行 午前9時から
○市指定無形民俗文化財・祭礼行列 午後5時30分から

平成20年8月3日(日)
○「みこし」お浜入り(和田町地先海岸)午前6時〜午前10時
○風流物(山車)巡行 午前9時から
○市指定無形民俗文化財・祭礼行列 午後6時から


みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列
役員、稚児(男の子)、手古舞(女の子)50人ほどが行列を組み、年番町龍ノ口町の事務所から出発、町内を回り天満宮へお宮参りです。天満宮で記念撮影後、各町内にお祭りの開催をふれてまわります。
最年少の女の子は4歳、とても夕方まで歩けない過酷な行列です。

町内の人々は玄関先で手をふり、隣町の祭礼事務所前に差し掛かると最敬礼で行列を迎えます。

みなと八朔まつりでよく報道されるのは「風流物(山車)巡行」と「みこしお浜入り」の映像です。
「稚児・手古舞行列」はあまり報道されない貴重な画像と思います、短時間しか取材できませんでしたが子どもたちの奮闘振りをご覧ください。

ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)







ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)







ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)







ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)ま祭みなと八朔まつり(7)稚児・手古舞行列(1)

cjs0188 at 06:56|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ