じゃんがら念仏踊り

2008年08月16日

じゃんがら念仏踊り 大津の盆船流し

「大津の盆船流し」は北茨城市の大津港で,毎年8月16日の早朝6時から行われる送り盆の行事です。
盆の期間中に戻ってきていた仏様を送るための 精霊(しょうりょう)流しの一種でだと言われています。

 僧侶による法要の後、踊り手は浴衣に鉢巻き、たすきがけ、白足袋姿の成人男子で構成され、6人が太鼓、1人が鉦をたたきながら、輪になり列になり独特の腰を落とした踊りを披露します。

 先に紹介した3つの念仏踊りとの違いは踊り手が成人男子でおること、太鼓や踊りのリズムがけっこう激しいものであることです。
この違いの意味は、南須釜の念仏おどりなどはかわいい孫娘が、帰ってきたご先祖を慰める意味が込められているのに対して、じゃんがら念仏踊りは、「この世は天国じゃ」と精霊たちに勘違いされていつまでもこの世にいられては困るので、男たちの手で無理にでも彼岸に戻ってもらうそんな力が込められているのではないでしょうか。(私見ですが)
 
 じゃんがら念仏おどりは福島県いわき市や古殿町で盛んに伝承されていて、茨城県ではいわき市と隣りあわせの大津港だけで行われていることから考えると、北茨城はいわきと民俗的なつながりがあるように思います。(先のようー・そろーフラダンスの披露の時にも感じたことです。)


(2007年8月16日撮影のデータです。)
大津の盆船流し大津の盆船流し







大津の盆船流し大津の盆船流し







大津の盆船流し大津の盆船流し

cjs0188 at 19:17|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ