水戸市

2011年01月04日

水戸八幡宮湯清め神事

1月4日水戸八幡宮湯清め神事
◆日時:[2011]平成23年1月4日(火)午後2時より2時50分まで
◆会場:水戸八幡宮
 水戸市八幡町

水戸八幡宮創建以来400年間続く神事。
若水を大釜に注いで火の力によってたぎらし、その熱湯の飛沫を浴びることで邪気を祓い、すべての霊を浄化する神事です。
生命力の始まる春への行事として、この祓いを受けると気力が充実し、一年間健康で過ごせると言われています。
併せて弓矢八幡「引き始めの儀」も行われ、神事後、参列者には、霊水を若竹に入れて授与される。
水戸八幡宮湯清め神事11-01-04水戸八幡宮湯清め神事11-01-04







水戸八幡宮湯清め神事11-01-04水戸八幡宮湯清め神事11-01-04







水戸八幡宮湯清め神事11-01-04水戸八幡宮湯清め神事11-01-04

cjs0188 at 21:46|PermalinkComments(0)

2010年06月21日

あすなろの郷あやめ祭

あすなろの郷「あやめ祭」
◇期間:[2010]平成22年6月7日(月)〜13日(日)
◇場所:茨城県立あすなろの郷「あやめ園」及び「あやめ広場」
   水戸市杉崎町1460番地(電話029−259−3121)

 あすなろの郷のあやめ園で見事なアヤメが咲き誇っています。
このアヤメ園は広さ12,000平方メートル、100種5000株のアヤメが植栽されており、潮来市、明治神宮、日本花菖蒲協会及び広く愛好家からの寄贈によるものです。

 アヤメ園の周囲には、萱葺きのあずまや、鯉の池、ビオトープなども作られ、アメンボウがスイスイ、カワニナがいるところをみるとホタルも飛ぶのではないかと思われるほどに、よく整備されています。
あすなろの郷10-6-20あすなろの郷10-6-20






あすなろの郷10-6-20あすなろの郷10-6-20






あすなろの郷10-6-20あすなろの郷10-6-20

 






あすなろの郷「あやめ祭」
(以下「あすなろの郷HPより引用させていただきます。) 
 あすなろの郷利用者が一年間丹精を込め育てた「あやめの花」を広く県民の方々や関係者に紹介するとともに,地域の方々との交流の場として共に楽しみ,相互理解を図ることを目的として「あやめ祭」を開催します。

  あすなろの郷「あやめ園」,(面積12,000屐砲忘蕕誇る,「あやめの花」(30種の7000株) が皆様のお越しをお待ちしています。
  あやめ週間期間内はあやめ園に自由に入園してあやめを鑑賞して頂くことができます。

 6月13日(日)には,利用者の方が生産,製作した品物等の展示販売や飲み物,パン,焼きそば等の模擬店の出店及び,ボランティアによる桂太鼓・篠笛・マンドリン・ハワイアン演奏を行います。他にも空クジなしのクジ引きも行います。ぜひ参加してみて下さい。 (雨天時も実施します)

 
 




cjs0188 at 12:00|PermalinkComments(0)

2010年03月23日

コみケッとスペシャル5in水戸(3)町の活性化

コみケッとスペシャル5in水戸(3)町の活性化
◆開催日:[2010]平成21年3月21日(日)・22日(月)
◆場所:旧京成百貨店・水戸芸術館・三の丸庁舎

 地方で4万人もの人々が参加するイベントを企画するのは大変なことですが、これをきっかけとして町おこしにつながればよいですね。
助さんと格さんに扮した女性二人に、「西山桃源の梅まつり」に参加して、常陸太田の町おこしに協力してほしいなどと話してみました。
コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Cコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21C






コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Cコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21C






コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Cコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21C

cjs0188 at 21:34|PermalinkComments(0)

2010年03月22日

コみケッとスペシャル5in水戸(2)交流

コみケッとスペシャル5in水戸(2)交流・コミュニケーション
◆開催日:[2010]平成21年3月21日(日)・22日(月)
◆場所:旧京成百貨店・水戸芸術館・三の丸庁舎
 地域コミュニティーが消失した現代では、共通の趣味を全国的に交流することで、自分のよりどころを手に入れることができるように思われます。
参加者は写真を撮りあい名刺を交換し(当管理人ももらった)、仲間を見つけて帰れば携帯メールなどでコミュニケーションを深めることができます。
コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Bコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21B






コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Bコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21B






コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Bコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21B

cjs0188 at 00:10|PermalinkComments(0)

2010年03月21日

コみケッとスペシャル5in水戸(1)ふるさと

コみケッとスペシャル5in水戸(1)ふるさと
◆開催日:[2010]平成21年3月21日(日)・22日(月)
◆場所:旧京成百貨店・水戸芸術館・三の丸庁舎
 石川啄木ではないけれど、「ふるさとの訛り聞きたしコみケッと」。
全国から4万人もの人が集うというので、ふるさと徳島から来た人はいないかと出かけてみました。
 最初に話しかけた女子二人は、香川県高松から夜行バスと特急ひたちを乗り継いで昨日水戸につき、偕楽園などを見学、仕事の都合で夕方に帰路につくという。
讃岐うどんのおいしかったこと、小学生のころ遠足で行った栗林公園や屋島、琴平宮などの話しをすることができました。
コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Aコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21A






コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Aコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21A






コみケッとスペシャル5in水戸10-3-21Aコみケッとスペシャル5in水戸10-3-21A

cjs0188 at 20:03|PermalinkComments(0)

2009年12月21日

水戸市郷土民族芸能のつどい(8)大野みろくばやし

第13回水戸市郷土民族芸能のつどい(8)大野みろくばやし
水戸市市制施行120周年
水戸藩開藩400年記念事業
日時:[2009]平成21年11月29日(日)13:00〜16:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
目的:水戸市内に伝わる郷土民族芸能を披露することでその保存・伝承の一助とし、地域の活性化を図り、郷土愛を育むきっかけにしたい。
先人から受け継いだ郷土の芸能を後世に伝えていくため、伝承活動への理解を深めてほしい。

大野みろくばやし・茨城県指定無形民族文化財
 360年前水戸黄門様から拝領したといわれる人形です。
黄門様が巡視中に橋の下に珍しい人形を見つけ、仏様の化身ではないかと村人に託したと伝承されています。

めんこいおかめ
 たぶん小学校低学年の女の子だろうと思われますが、おかめのお面をかぶって、たどたどしいいながら上手に踊る様がなんともかわいい仕種でした。
さらに舞台下まで降りてきて、観客一人づつ握手をする微笑ましいサービスぶりに、歓声があがりました。
小さな手を握ったその感触は、うちの孫とおんなじでした。
大野みろくばやし大野みろくばやし






大野みろくばやし大野みろくばやし






大野みろくばやし大野みろくばやし

cjs0188 at 00:37|PermalinkComments(0)

2009年12月20日

水戸市郷土民族芸能のつどい(7)田谷の棒術

第13回水戸市郷土民族芸能のつどい(7)田谷の棒術
水戸市市制施行120周年
水戸藩開藩400年記念事業
日時:[2009]平成21年11月29日(日)13:00〜16:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
目的:水戸市内に伝わる郷土民族芸能を披露することでその保存・伝承の一助とし、地域の活性化を図り、郷土愛を育むきっかけにしたい。
先人から受け継いだ郷土の芸能を後世に伝えていくため、伝承活動への理解を深めてほしい。

田谷の棒術
 水戸藩が、野武士や盗賊の進入を防ぐために民衆自衛の武術として農民漁民に奨励し定着したと言われています。
5尺5寸約1.6mの樫棒を自在に操り
基本の型、注意5ヶ条の型、極意10ヶ条の型、子太刀の型が披露されました。
田谷の棒術田谷の棒術






田谷の棒術田谷の棒術






田谷の棒術田谷の棒術

cjs0188 at 00:13|PermalinkComments(0)

2009年12月19日

水戸市郷土民族芸能のつどい(6)大根むき花

第13回水戸市郷土民族芸能のつどい(6)大根むき花
水戸市市制施行120周年
水戸藩開藩400年記念事業
日時:[2009]平成21年11月29日(日)13:00〜16:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
目的:水戸市内に伝わる郷土民族芸能を披露することでその保存・伝承の一助とし、地域の活性化を図り、郷土愛を育むきっかけにしたい。
先人から受け継いだ郷土の芸能を後世に伝えていくため、伝承活動への理解を深めてほしい。

大根むき花・水戸市無形民俗文化財
 日本で唯一 珍しい芸能です。
大根を材料に、包丁一本でボタン、アヤメ、菊の花を冬に咲かせる驚きの技です。
農業が盛んだったこの地域、農家の休みの冬に家で結婚式をすることが多く、
飾る花のない代わりに料理の周りを飾る物として始まったと伝えられています。

カツラ剥きに3年、大根100本を練習台に修練を重ねて到達できる技術です。
ボタンの花は花びらを40枚も重ね、手のぬくもりで形を整えます。制作時間は40分くらい。

アヤメは大根の尻尾の部分を材料にして、花びら3枚のバランスをとるのが難しいそうです。制作時間は15分くらい。

キクは円錐型に刻みを入れてからカツラ剥きにしますが、これも制作には15分を要します。
大根むき花大根むき花






大根むき花大根むき花






大根むき花大根むき花

cjs0188 at 00:59|PermalinkComments(0)

2009年12月18日

水戸市郷土民族芸能のつどい(5)大串ささらばやし保存会

第13回水戸市郷土民族芸能のつどい(5)大串ささらばやし保存会
水戸市市制施行120周年
水戸藩開藩400年記念事業
日時:[2009]平成21年11月29日(日)13:00〜16:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
目的:水戸市内に伝わる郷土民族芸能を披露することでその保存・伝承の一助とし、地域の活性化を図り、郷土愛を育むきっかけにしたい。
先人から受け継いだ郷土の芸能を後世に伝えていくため、伝承活動への理解を深めてほしい。

大串ささらばやし保存会茨城県指定無形民俗文化財
 大串ささらは、大串稲荷神社祭礼の折り、五穀豊穣、無病息災を祈願して奉納される獅子舞で、形式は3匹の獅子による棒ささらで、親子の情愛が描かれています。
笛の音一本、風がそよぐような雰囲気の中で、お話が展開。ひょっとこ躍りになると笛太鼓が賑やかに囃します。


大串ささらばやし大串ささらばやし






大串ささらばやし大串ささらばやし






大串ささらばやし大串ささらばやし

cjs0188 at 17:43|PermalinkComments(0)

2009年12月17日

水戸市郷土民族芸能のつどい(4)水戸太神楽

第13回水戸市郷土民族芸能のつどい(4)水戸太神楽
水戸市市制施行120周年
水戸藩開藩400年記念事業
日時:[2009]平成21年11月29日(日)13:00〜16:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
目的:水戸市内に伝わる郷土民族芸能を披露することでその保存・伝承の一助とし、地域の活性化を図り、郷土愛を育むきっかけにしたい。
先人から受け継いだ郷土の芸能を後世に伝えていくため、伝承活動への理解を深めてほしい。

水戸太神楽
格調の高い獅子舞と古典曲芸の妙技が披露されました。
*鬼退治の舞
*末広天蓋・傘の曲・・・唐傘で丸いボールから四角い枡まで回す。
*寿獅子舞
*水の曲芸
*出刃皿の曲芸・・・出刃包丁でジャグリング、大皿回し
など
水戸太神楽水戸太神楽







水戸太神楽水戸太神楽






水戸太神楽水戸太神楽

cjs0188 at 00:52|PermalinkComments(0)

2009年12月16日

水戸市郷土民族芸能のつどい(3)水戸盆唄保存会

第13回水戸市郷土民族芸能のつどい(3)水戸盆唄保存会
水戸市市制施行120周年
水戸藩開藩400年記念事業
日時:[2009]平成21年11月29日(日)13:00〜16:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
目的:水戸市内に伝わる郷土民族芸能を披露することでその保存・伝承の一助とし、地域の活性化を図り、郷土愛を育むきっかけにしたい。
先人から受け継いだ郷土の芸能を後世に伝えていくため、伝承活動への理解を深めてほしい。

水戸市盆唄保存会
庶民の文化として、夏祭りやイベントに積極的に参加し、福祉のイベントに8回/年ほど活動しています。
毎週金曜日に練習、後継者が不足しているのが現状です。
水戸盆唄水戸盆唄






水戸盆唄水戸盆唄






水戸盆唄水戸盆唄

cjs0188 at 00:57|PermalinkComments(0)

2009年12月14日

水戸市郷土民族芸能のつどい(1)水戸太鼓

第13回水戸市郷土民族芸能のつどい(1)水戸太鼓
水戸市市制施行120周年
水戸藩開藩400年記念事業
日時:[2009]平成21年11月29日(日)13:00〜16:30
会場:水戸芸術館ACM劇場
目的:水戸市内に伝わる郷土民族芸能を披露することでその保存・伝承の一助とし、地域の活性化を図り、郷土愛を育むきっかけになるように。

水戸太鼓
 徳川御三家 常陸の国 水戸の九代藩主徳川斉昭公は、天保11年(1840年)に戦の演習として「追鳥狩」(おいとりがり)を行いました。
先陣の合図として打ち鳴らされた陣太鼓(水戸常磐神社義烈館に現存)に水戸の太鼓の歴史はさかのぼります。
 水戸の太鼓の伝統を受け継ぎ昭和48年7月に創設されました。
(パンフレットより)

この日演奏された曲目は、「義烈太鼓」・「偕楽ばやし」・「天震和同太鼓」。
エントランスホールにガンガンと雷鳴の如くとどろくダイナミックな演奏でした。
水戸太鼓水戸太鼓






水戸太鼓水戸太鼓






水戸太鼓水戸太鼓

cjs0188 at 18:55|PermalinkComments(0)

2009年06月10日

アヤメの咲く頃(1)あすなろの郷

茨城県立あすなろの郷 あやめ週間
日時:平成21年6月8日(月)〜14日(日)[2009]
場所:あすなろの郷 あやめ園
茨城県水戸市杉崎町1460
TEL:029-259-3121
イベント:6月14日(日)
  10:00〜15:00 製作品の展示販売・模擬店
  11:00〜11:30 ボランティアによろ大道芸・篠笛演奏他
 あすなろの郷 あやめ園の面積は12,000屬旅さがあり、そこに100種5000株のアヤメが植栽され、あすなろの郷利用者が丹精を込めて育てています。
たしかに雑草をきれいに取り、肥料や被覆資材を丁寧に施してある様子がみられました。
 自然の地形を利用したビオトープやなつかしい萱葺き屋根の東屋も雰囲気をかもし出しています。
あやめ週間内は自由に鑑賞できます。
6月6日(土)撮影時点で一分咲きでしたが、6月14日(日)には見頃になるでしょう。
あすなろの郷あやめ園あすなろの郷あやめ園






あすなろの郷あやめ園あすなろの郷あやめ園






あすなろの郷あやめ園あすなろの郷あやめ園

cjs0188 at 00:53|PermalinkComments(0)

2009年01月23日

水戸八幡宮はねつき神事(7)はねつき大会

水戸八幡宮はねつき神事(7)はねつき大会
日時:平成21年1月12日(成人の日)午前11時30分より午後1時30分
場所:水戸八幡宮(水戸市八幡町8ー54)

 神事の後は水戸の梅大使も交えて参詣者多数がはねつき大会に参加しました。

 日本は古来 和の国、はねつきは和の遊び。
西洋のバトミントンのように闘って相手を負かす競技とちがい、はねつきは何回も羽をついてできるだけ長く仲良く遊ぶことが本来の遊び方だそうです。スマッシュしないでね。

 従って羽根を下からゆっくりと打ち、相手が返しやすいように気遣って羽根をあげることが大切です。

参加賞として、羽根をついた羽子板がプレゼントされます。
つくばねの部・・一人で羽根を何回つけるか
1位189回、2位151回、3位118回。

おいばねの部・・二人で羽根を何回つけるか
1位110回、2位50回、3位41回。

 表彰式では認定証と豪華な羽子板が手渡されました。
夫婦で参加して成績の良かった田中さんちは豪華な羽子板三つをゲット、参加賞の羽子板を含めると、なんと五つもゲットしました。
水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(7)はねつき大会水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(7)はねつき大会






水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(7)はねつき大会水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(7)はねつき大会






水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(7)はねつき大会水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(7)はねつき大会

cjs0188 at 00:59|PermalinkComments(0)

2009年01月22日

水戸八幡宮はねつき神事(6)古式礼射

水戸八幡宮はねつき神事(6)古式礼射
日時:平成21年1月12日(成人の日)午前11時30分より午後1時30分
場所:水戸八幡宮(水戸市八幡町8ー54)

三々九手挟式古式礼射により邪気を退散せしめるの儀
「三々九手挟式(さんざんくたばさみしき)」は、古来武家において正月4日の弓始めの時に限って行われた厳格な弓の儀式です。
的には「邪気退散」の四文字が見えないように書いてあり、これを神頭矢で射抜くことにより天下泰平を祈願する神事です。(神頭矢:矢じりが丸みのある木製で、的を砕くための矢の構造になっている)

 厳粛な空気が満ちた境内に、射手二人二組の4人が登場、左肩肌をぬぎ腰帯にはさみおもむろに用意、呼吸を整えヤッと放てば、9寸角の的は真っ二つに割れ仕組まれた金紙銀紙がハラハラと舞い散る様は、まさに「邪気退散」の証しなり。

 オバマ大統領の登場により、アメリカ発の「邪気」をひとまず退散せしめる希望が持てるがごとくに、日本に巣食う「邪気」も早々に砕け散ることを願っています。

水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(6)古式礼射水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(6)古式礼射






水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(6)古式礼射水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(6)古式礼射






水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(6)古式礼射水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(6)古式礼射






水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(6)古式礼射水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(6)古式礼射

cjs0188 at 00:05|PermalinkComments(0)

2009年01月21日

水戸八幡宮はねつき神事(5)破魔弓神事

水戸八幡宮はねつき神事(5)破魔弓神事
日時:平成21年1月12日(成人の日)午前11時30分より午後1時30分
場所:水戸八幡宮(水戸市八幡町8ー54)

破魔弓神事
 破魔弓は邪気や厄災を払い除くための弓のことで、神社では平安時代から、魔除けの意味で破魔弓神事や年占い神事に使われてきました。

 5段から6段の腕前をもつ水戸市弓道連盟の有志の皆さんによる破魔弓神事です。
3人の女性は和服に袴、袖が弓にかからないように襷(たすき)がけをしたいでたちで登場し、一人2本、全部で6本の矢を放ち邪気を払います。

今年の破魔弓神事では6本の破魔弓全部が「邪」と書いた的に見事に命中し、日本社会で暴れている邪鬼を今年こそ、退散できるものと思われます。
水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(5)破魔弓神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(5)破魔弓神事







水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(5)破魔弓神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(5)破魔弓神事







水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(5)破魔弓神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(5)破魔弓神事

cjs0188 at 00:33|PermalinkComments(0)

2009年01月20日

水戸八幡宮はねつき神事(4)居合清祓いの儀

水戸八幡宮はねつき神事(4)居合清祓いの儀
日時:平成21年1月12日(成人の日)午前11時30分より午後1時30分
場所:水戸八幡宮(水戸市八幡町8ー54)

「居合抜き」という剣術は膝をついて刀を鞘に収めた状態で敵と対峙し、敵との間合いが詰まった瞬間に抜刀して相手を切り倒すという武道の一種。
 清祓いとは、身についた「けがれ」をお祓いにより取り除き清らかな普通の生活に戻るための祈祷のこと、また社会にはびこった邪気を取り除き、清らかな社会を取り戻す儀式です。
 
 水戸居合道6段の会沢先生による「居合清祓いの儀」が執り行われ、一瞬にして「邪気」が祓われ,清々しい年の始まりです。

水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(4)居合清払いの儀水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(4)居合清払いの儀







水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(4)居合清払いの儀水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(4)居合清払いの儀

cjs0188 at 00:20|PermalinkComments(0)

2009年01月19日

水戸八幡宮はねつき神事(1)はねつき俳句

水戸八幡宮はねつき神事(1)はねつき俳句
日時:平成21年1月12日(成人の日)午前11時30分より午後1時30分
場所:水戸八幡宮(水戸市八幡町8ー54)
 「はねつき・破魔弓神事」は厄や邪気を払い1年の無病息災を祈願するお祭りで、平安時代の「故鬼の子遊び」に由来しています。
また、女性神職と巫女によるはねつきによって行われる年占いは全国的にも珍しい神事だといわれています。
神事に先立ち、はねつき・破魔弓を題材に募集していた「はねつき俳句」入賞者の表彰式が行われました。
最優秀賞1人、優秀賞4人に表彰状、水戸人形組合から豪華な羽子板、水戸八幡宮から記念品が手渡されました。
水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(1)はねつき俳句水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(1)はねつき俳句







水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(1)はねつき俳句水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(1)はねつき俳句






幸運を呼ぶ「八幡羽根守」
羽根の黒い玉はムクロジという木の実で、漢字では「無患子」と書きます。
「子どもに病気がない」という意味に解釈できますのではねつきは子供の健康を願う遊びの意味があります。
水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(1)はねつき俳句水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(1)はねつき俳句

cjs0188 at 00:29|PermalinkComments(0)

2009年01月15日

水戸八幡宮はねつき神事(2)破魔弓神事

水戸八幡宮はねつき神事(2)破魔弓神事
日時:平成21年1月12日(成人の日)午前11時30分より午後1時30分
場所:水戸八幡宮(水戸市八幡町8ー54)
 冬型の気圧配置で寒さ厳しい朝、常陸太田ではみぞれ状の粒雪がサラサラと降りましたが、水戸八幡宮の境内では風もなく、日差しにあたれば穏やかな暖かさの一日、羽子板を奉納し、羽根突きで今年の稲作の豊凶を占う神事が行われました。

破魔弓
破魔弓は邪気や厄災を払い除くための弓のことで、神社では平安時代から、魔除けの意味で破魔弓神事や年占い神事に使われてきました。
 また江戸時代には城下町を中心に武家や町人の間では男の子の初正月に祝いの習慣として広がりました。
 正月や5月の節句に破魔弓を飾る風習は、こうした伝統により、破魔弓が悪魔を追い払い、男の子がすこやかに育つようにとの意味が込められた行事です。

破魔弓神事
午前11時30分、バンッバンッ、バンッバンッと空の上で花火がはじけ神事が始まりました。
修祓(しゅばつ)、祝詞奏上のあと田所宮司が「やーっ、やーっ」と掛け声をかけて、邪気払いの矢を空に向かって放ちます。
祝詞「初春の空高く舞い上がる羽根の音のいと軽やかに・・・・かしこみかしこみ・・・」

水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(2)破魔弓神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(2)破魔弓神事








水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(2)破魔弓神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(2)破魔弓神事








水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(2)破魔弓神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(2)破魔弓神事

cjs0188 at 00:11|PermalinkComments(0)

2009年01月14日

水戸八幡宮はねつき神事(3)年占い

水戸八幡宮はねつき神事(3)年占い
日時:平成21年1月12日(成人の日)午前11時30分より午後1時30分
場所:水戸八幡宮(水戸市八幡町8ー54)

 羽子板も破魔弓も、ともに古来からの行事であった新春の年占いや厄払いがその始まりです。
男の子が弓矢で的を射て年占いをしたのがのちに破魔弓となり、また、女の子がお正月に羽根を突いて、その年の厄払いをしたのがのちに美しい羽子板を生みだしたのです。

羽根つきによる年占い
 大羽子板には昨年日展で審査員を務めた洋画家、清水優さんによる漁港の日の出場面が描かれています。
大羽子板の奉納が行なわれた後に女性神職3人、巫女3人による稲の作柄を占う羽根突きが行なわれました。

 早稲(わせ)の組、中稲(なかて)の組、晩稲(おくて)の組に分かれそれぞれ3回づつ羽根つきをおこない、合計9回の勝敗により田所宮司が年占いをしてその結果は
早稲は豊作、中稲は天候の状況による、晩稲は平年作、総じて今年の稲の作柄は平年並みとの結果がでました。
水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(3)はねつき神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(3)はねつき神事







水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(3)はねつき神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(3)はねつき神事







水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(3)はねつき神事水戸八幡宮はねつき神事09-1-12(3)はねつき神事

cjs0188 at 00:53|PermalinkComments(0)

2009年01月01日

1月12日水戸八幡宮はねつき神事

日時:平成21年1月12日(成人の日)午前11時30分より午後1時30分
場所:水戸八幡宮(水戸市八幡町8ー54)
羽子板を奉納し、羽根突きで今年の稲作の豊凶を占う神事が行われます。
主な行事
☆はねつき俳句表彰式
☆破魔弓神事
☆はねつき神事
☆居合清払いの儀
☆破魔弓神事
☆古式礼射
☆はねつき大会
☆破魔弓大会
神職と巫女のはねつきで作柄を占う。  破魔弓を放射して邪気をはらう。
はねつき神事はねつき神事





(右)水戸の梅大使他一般参加者によるはねつき大会。
(左)水戸市弓道連盟による古式礼射奉納。         
はねつき神事はねつき神事

cjs0188 at 00:12|PermalinkComments(0)

2008年10月11日

茨城県芸術祭 美術展覧会

会期:平成20年10月4日(土)〜10月19日(日)
会場:茨城県近代美術館・県民文化センター

写真部門
県展08-10-11県展08-10-11






書道部門
よくわからないので、一文字、二文字の書を見ています。
県展08-10-11県展08-10-11






彫刻部門
県展08-10-11県展08-10-11






日本画部門
色使いが鮮やかになってきたような気がします。
県展08-10-11県展08-10-11







工芸部門
造形の意外性を発見するおもしろさがあります。
県展08-10-11県展08-10-11






洋画部門
県展08-10-11県展08-10-11






デザイン部門
県展08-10-11県展08-10-11

cjs0188 at 23:29|PermalinkComments(0)

2008年06月30日

水戸八幡宮の紫陽花

くれない染むる紫陽花の名は「紅」
この赤いアジサイに魅せられて水戸八幡宮に毎年でかけるのですが、今年は赤くなった株が少ないように思われます。これから染まるのかもしれませんが。(6月28日撮影)
あじさい水戸八幡宮あじさい水戸八幡宮






あじさい水戸八幡宮あじさい水戸八幡宮







那珂川を望む東側駐車場の周辺では比較的ボリュームのある花が咲いていました。
花の数はすくないように感じました。
あじさい水戸八幡宮あじさい水戸八幡宮







夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)が行われます。
茅の輪くぐりの神事6月30日(月)午後1時より。
「ご自由にご参列ください」とあるので紫陽花鑑賞と合わせて、この夏の健康をお祈りしてはいかがでしょうか?
あじさい水戸八幡宮あじさい水戸八幡宮

cjs0188 at 06:52|PermalinkComments(0)

2008年06月29日

水戸保和苑のあじさい

水戸のあじさいまつり
期間:平成20年6月8日から6月29日
「あれれ!シャッターがきれない、撮影すべきアジサイはどこじゃ」と、とまどってしまうほどアジサイの花が咲いていません。

早朝庭掃除をしていた人に聞いたところ「春先の寒さが影響したのか、例年の半分だ、この株はまるで咲いていない。県内どこにいっても同じだっぺ」
ぴんころ地蔵さんに「来年はきれいに咲かせてくれるように」とお願いしてきました。
あじさい保和苑あじさい保和苑






あじさい保和苑あじさい保和苑






ぴんころ地蔵尊
「ぴんぴんと元気で天寿を全うし、ころりと大往生をとげる御利益があるといわれています。」
あじさい保和苑あじさい保和苑

cjs0188 at 06:12|PermalinkComments(0)

2008年03月15日

水戸の梅まつり 偕楽園 梅の香りと開花状況

水戸商工会議所での情報セキュリティーセミナーに参加したおり、偕楽園に立ち寄り梅の開花状況を観察してきました。(3月14日午後)

日本三名園のひとつ水戸の偕楽園は、1842年(天保13年)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(なりあきこう)が「衆と偕(とも)に楽しむ場」として開設したものです。
園内には100種3,000本と、常磐線の南側田鶴鳴梅林(たつなきばいりん)には1,000本の梅が植えられ、今日は9分咲きから満開、早咲きのものは散り始めています。園内は梅の香りでいっぱいです。
 梅の香りは雨上がりの朝に香りがすばらしいと聞きます。今は雨、春雷、明日(3月15日)の朝は梅の香りを楽しめそうです。

10人の「水戸の梅大使」のうち本日は4人、土日は10人全員が観光案内や記念撮影に応じています。

偕楽園偕楽園






偕楽園偕楽園






偕楽園偕楽園

cjs0188 at 00:59|PermalinkComments(2)

2008年03月14日

街角彫刻展 エーゲ海に捧ぐat茨城県近代美術館

街角彫刻展 「エーゲ海に捧ぐ」
街角、広場などに展示されている彫刻作品にたいして、人はあまり目もくれず忙しく通り過ぎてゆきます。
ただ、タダなので時にはカメラに収めています。

茨城県近代美術館の玄関ホールにある木内克氏の「エーゲ海に捧ぐ」です。
屋内に設置されているためかブロンズの色が保つたれています。(02-11-17撮影)

木内克(きのうち よし、1892年6月27日 - 1977年)は、茨城県水戸市出身の彫刻家で、渡仏し、アントワーヌ・ブールデルの指導を受け、二科展などに多数出品し、テラコッタの作品を多く残しました。
[編集] 略歴
1892年(明治25年)茨城県水戸市に4人兄弟の末っ子として生まれる。
1912年(明治45年)20歳で上京し、彫刻家の海野美盛のもと彫刻を学ぶ。
1914年(大正3年)朝倉文夫の彫塑塾に入門。
1921年(大正10年)渡英。半年間ロンドンに滞在し、その後パリにわたる。そこでブールデルの指導を受ける。
1927年(昭和2年)窯業家のラシュナルを訪ね、陶器を始める。
1930年(昭和5年)テラコッタ技法に習熟。
1935年(昭和10年)帰国。以後二科展などに出品。
1938年(昭和13年)「木内克作陶展」開催。
1948年(昭和23年)新樹会展に出品し始める。
1970年(昭和45年)第一回中原悌二郎賞受賞。
1972年(昭和47年)記録映画「土くれ」が完成。
1974年(昭和49年)第29回茨城国体モニュメントに「女神像」製作。
1977年(昭和52年)急性肺炎のため85歳で死去。
彫刻木内克エーゲ海に捧ぐ近代美術館彫刻木内克エーゲ海に捧ぐ近代美術館

cjs0188 at 00:13|PermalinkComments(0)

2008年03月09日

いばらき県北うまかっぺまつり

日時:平成20年3月8日(土)午前9時から午後4時30分
会場:茨城県三の丸庁舎中央広場
茨城県北のおいしいものを探して「いばらき県北うまかっぺまつり」へ。
ジャージー牛乳でつくるミルクジャム
貯蔵することでデンプンが糖分にかわってグッと甘い焼き栗
奥久慈しゃもまんじゅう
梅の実収穫からの手作り梅のみジャムなど
特徴のある食べ物が展示販売されていました。
いばらき県北うまかっぺまつり08-03-08いばらき県北うまかっぺまつり08-03-08






いばらき県北うまかっぺまつり08-03-08いばらき県北うまかっぺまつり08-03-08






いばらき県北うまかっぺまつり08-03-08いばらき県北うまかっぺまつり08-03-08

cjs0188 at 07:21|PermalinkComments(0)

水戸の梅まつり 弘道館

暖かい陽ざしの一日(3月8日)水戸弘道館では紅梅と白壁、青い空とのコントラストを撮ることができました。「藤ぼたんしぐれ」は見頃
係員の説明を聞きながら梅林を散策グループがあり、またいばらきヘルスロードウォーキング大会なども開催されていました。

梅弘道館08-03-08梅弘道館08-03-08






梅弘道館08-03-08梅弘道館08-03-08






梅弘道館08-03-08梅弘道館08-03-08

cjs0188 at 07:10|PermalinkComments(0)

2007年11月22日

第32回水戸市産業祭 飴細工に人気

会期:2007年11月17日(土)から18日(日)
会場:水戸市総合運動公園体育館

江戸下町由来の飴細工に人気が集中していました。
干支の動物ねずみ、たつなどを子供たちも求めに応じてその場で作ります。
本日のゲストとしてイルカやペンギンも作るそうです。
水戸市産業祭飴細工水戸市産業祭飴細工







水戸市産業祭飴細工水戸市産業祭飴細工

cjs0188 at 07:15|PermalinkComments(0)

2007年11月20日

第32回水戸市産業祭 鍋蓋下駄

会期:2007年11月17日(土)から18日(日)
会場:水戸市総合運動公園体育館

第32回水戸市産業祭でみつけた工芸品は「鍋蓋下駄」。
筑西市関本の猪ノ原桐材木工所が開発したちょっと遊びゴコロの新商品です。
自宅お庭を散歩するとき、池の鯉に餌をやる時などに利用するとおもしろいとのことでした。
水戸市産業祭猪ノ鼻桐材水戸市産業祭猪ノ鼻桐材







水戸市産業祭猪ノ鼻桐材水戸市産業祭猪ノ鼻桐材

cjs0188 at 06:26|PermalinkComments(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ