ビューティフル茨城

2012年03月27日

金星木星、お月様が直列に3月26日

夕陽が沈んで夜のとばりが降りる頃、金星と木星がひときわ明るく輝きだすのが見られます。

金星と木星、お月様がほぼ直列に並びました。
西山公園の街灯も参加して4個直列の画角も得られます。

やがて西山公園の山に沈みます。
木星土星大接近12-03-26自宅月も直列




















木星土星大接近12-03-26自宅月も直列























木星土星大接近12-03-26自宅月も直列

cjs0188 at 19:59|PermalinkComments(0)

2012年03月25日

金星と木星が接近、お月様が参加3月25日

夕陽が沈んで夜のとばりが降りる頃、金星と木星がひときわ明るく輝きだすのが見られます。

お月様も参加し、ジェット機も光跡を残して、成田か羽田に飛んでいきました。

やがて西山公園の山に沈みます。

木星土星大接近木星土星大接近







木星土星大接近

cjs0188 at 19:36|PermalinkComments(0)

2012年03月18日

金星と木星が大接近 見上げてごらん西の空

大震災からの復興が進まず、増税増税の大合唱に庶民はうなだれるばかりですが、時には西の夜空を眺めましょう。

夕陽が沈んで夜のとばりが降りる頃、金星と木星がひときわ明るく輝きだすのが見られます。

右の輝きの大きなのが金星、左下の小さめが木星です。
このビルの屋上から400ミリのレンズを構えると、画角いっぱいに収まります。
(3月15日夜8:30頃撮影、ただ寒いです、防寒を)

やがて、阿武隈山地に南の端、日立研究所(灯りが見える)のある風神山に沈みます。

木星金星大接近12-03-15 風神山







木星金星大接近

cjs0188 at 19:53|PermalinkComments(1)

2008年01月02日

気あらし(けあらし)茂宮川が日立港に流れ込むあたり

気あらし(けあらし)
茂宮川が日立港に流れ込むあたり、気温がマイナス3度に下がった今朝「気あらし」が発生していました。
茂宮川沿いに北西の冷たい風が吹き、海水温が高いため水蒸気となって湯気のように立ち上ります。
朝日に輝き、金色に染まるその様は午前6時50分から15分間のドラマです。
気あらし気あらし







気あらし気あらし






気あらし気あらし

cjs0188 at 10:51|PermalinkComments(0)

2007年10月05日

三代芳松像 漁業界の重鎮・偉人

いわし雲のきれいなある日

大みか灯台と並んで三代芳松氏像が太平洋を見つめています・
「三代芳松氏は、漁業界の重鎮であり、幼児から従事した漁業の経験を生かして漁労法の研究考案を重ね、業界に寄与するところ誠に多大なものがあります。

就中 大正8年秋 機船底曳網巻揚機の発明を契機に、敢然として、いわし揚繰網の改良に着眼し、寝食を忘れ心血を注ぎ考研実験のため、あらゆる犠牲を払って、大正15年春、遂にいわゆる「改良揚繰網」の完成を見たのであります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひとたび氏の発明が完成するやいわし漁業は一新紀元を画し、漁獲高の激増はいうに及ばず製造加工業の盛況は正に隔世の感を呈し、いわし漁業は、漁村経済の基幹産業となったのであります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
大みか灯台鰯雲大みか灯台鰯雲






大みか灯台鰯雲大みか灯台鰯雲

cjs0188 at 00:58|PermalinkComments(0)

2007年09月12日

今日の夕焼け

秋雨前線が南下、セプテンバーレインのその後に、サンセットオレンジに染まる雲。
(嵐の後は概して美しい夕焼けになるようです。)
ゆ夕焼け07-09-12阿武隈







ゆ夕焼け07-09-12阿武隈







ゆ夕焼け07-09-12阿武隈

cjs0188 at 21:59|PermalinkComments(0)

2007年09月07日

嵐のあとの夕焼け

嵐の過ぎ去ったあとの夕焼けは概して美しいものです。
阿武隈の山々をシルエットに秋の雲が染まります。(7日午後6時頃撮影)
夕焼け阿武隈







夕焼け阿武隈






夕焼け阿武隈

cjs0188 at 22:31|PermalinkComments(0)

2007年08月22日

輝く入道雲

今日の白い入道雲。見る間に真っ黒になり天をおおい尽くす闇。、やがて雷鳴と大粒の雨。
久しぶりの雨で、酷暑も一服です。

入道雲入道雲

cjs0188 at 22:47|PermalinkComments(0)

阿武隈の朝日

ふと見上げた東の空に見たこのとない刷毛塗りしたような雲、西山公園から高鈴山方向を撮影しました。(AM5:20)
朝日西山から阿武隈を朝日西山から阿武隈を







朝日西山から阿武隈を朝日西山から阿武隈を

cjs0188 at 05:55|PermalinkComments(0)

2007年06月13日

ほたるのお宿

各地からほたるの便りが聞こえてきます。
で、退勤途中ほたるの里に寄ってみるとゲンジボタルが幽玄な光を発しながらゆらゆらと飛んでいます。
数はチラホラ。
気温23℃多少蒸し暑くて無風の夜、飛ぶ時間は7時30分ころから飛び始めて8時30分ころまで。
最初は川面あたりの草むらから飛び出して、だんだん空中高飛び、やがて雌雄仲良く高い木の上にとまります。
ほたる







ほたる







ほたる

cjs0188 at 00:10|PermalinkComments(0)

2007年05月30日

月と金星

たまに星空を見上げて気づいたことは、月と金星の位置が逆転するということです。
(当たり前のことですが・・・。)

5月19日撮影・・・金星が上

月と金星07-05-19












5月20日撮影・・・金星が下の位置に
月と金星07-05-20












Astro Arts天文ニュースには下記のように記載されていました。
「2007年5月18日 月と金星が接近、近くには水星6月9日に東方最大離角となる宵の明星・金星は、この季節になると22時を過ぎないと沈まないほど夕空高くに昇っているが、この金星が、5月18日から20日にかけて夕方の西の空で細い月と並ぶ美しい光景が見られる。細い月の地球照も鮮やかなので、カメラでも狙ってみたい対象だ。地平線近くには6月2日に東方最大離角となる水星も輝いているので、こちらもお見逃しなく。」


水星と金星が同時に見られる:6月1日〜10日:ヤフーニュースより
日没直後、西空に水星と金星=6月1日から観測呼び掛け−国立天文台
5月26日17時31分配信 時事通信
 太陽に最も近い惑星の水星と2番目に近い金星が2002年5月以来、5年ぶりに日没直後の西の空で同時に見られるようになる。金星は「宵の明星」として見えることが多いが、水星は見えるチャンスが少ない。両惑星は軌道が地球より内側にあるため「内惑星」と呼ばれ、国立天文台は6月1日夜から10日夜まで、「内惑星ウイーク」として観測を呼び掛ける。
 水星と金星を肉眼や望遠鏡、双眼鏡で観測してもらい、結果と観測日時、場所などをインターネットで報告してもらう。この時期には土星も近くに見えるほか、夜が更けると反対側の東の空に木星、火星、天王星、海王星も出現する。
 昨年8月の国際天文学連合(IAU)総会で、冥王星が惑星ではなく、準惑星と位置付けられたため、家庭用の口径が小さい望遠鏡でも全惑星を観測できるようになったという。
 パソコン用の報告ページはhttp://www.nao.ac.jp/phenomena/20070601/。 


cjs0188 at 06:47|PermalinkComments(0)

2007年03月16日

宵の明星とトワウライトブルー

寒春の夕方、サンセットオレンジ、トワイライトブルーと宵の明星(金星)が一度に鑑賞できます。
気温が低いほど夕焼け色が濃くなります。
阿武隈山地の山の端に夕陽が沈むと、トワイライトブルーにひときわ輝く星が人目を引きます。
これが金星、宵の明星。
(今月の金星はうお座からおひつじ座のあたりにいます。)

(この写真では中央に金星が小さく写っています)
トワイライトブルー













サンセットオレンジ

cjs0188 at 00:01|PermalinkComments(0)

2007年01月02日

久慈浜の朝日

水平線に雲がないとき昇る朝日はオメガ型になります。
(2004-02-01撮影)

久慈浜朝日久慈浜朝日

cjs0188 at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月01日

日立港の朝日

12月下旬から1月上旬にかけて、日立港の二つの灯台の間から朝日が昇ります。
日立港灯台朝日日立港灯台朝日







(2002-12-17〜2003-01-06撮影)

cjs0188 at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月31日

大みか灯台の朝日

大みか灯台朝日大みか灯台朝日
(2002-12-29撮影)

cjs0188 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月27日

怒涛

異常に発達した低気圧が沖を通過中、怒涛のごとく波が打ち寄せます。
水木の田楽鼻に押し寄せる波頭
怒涛怒涛







おおみか灯台に押し寄せる波頭
怒涛怒涛

cjs0188 at 12:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月24日

大根干し〜冬の風物詩

茅葺きの軒先にずらりと大根干し
大根干し大根干し

cjs0188 at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月05日

阿字ヶ浦海岸〜砂浜が細る

久しぶりに阿字ヶ浦海岸に行きました。
これが阿字ヶ浦?
以前より砂浜が狭くなて、砂利が混ざっています。
阿字ヶ浦阿字ヶ浦






阿字ヶ浦阿字ヶ浦

cjs0188 at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月28日

銀杏〜茨城県立歴史館

茨城県立歴史館の銀杏並木が見事な黄金にかがやいています。(2006-11-26撮影)
歴史館銀杏061126歴史館銀杏061126







歴史館銀杏061126歴史館銀杏061126













cjs0188 at 07:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月26日

御前山 三王山自然公園の紅葉

三王山自然公園のもみじが紅葉しています。(2006-11-25撮影)
三王山もみじ三王山もみじ







三王山もみじ三王山もみじ

cjs0188 at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月25日

西山公園〜紅葉

義公廟の朱塗りの軒先や久昌寺の屋根をバックに
(西山公園・・・茨城県常陸太田市新宿町・・・水戸黄門さんの隠居所「西山荘」が有名です)
西山公園もみじ061124西山公園もみじ061124







西山公園もみじ061124西山公園もみじ061124







西山公園もみじ061124西山公園もみじ061124

cjs0188 at 13:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年11月24日

佐竹寺の銀杏色づく

佐竹寺(常陸太田市天神林町)の銀杏と紅葉の様子です。
銀杏は落葉が始まっていました。
佐竹寺の銀杏佐竹寺の銀杏

cjs0188 at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月21日

久慈川の夕景in留大橋

久慈川下流留大橋の夕景です。
久慈川夕景留大橋久慈川夕景留大橋

cjs0188 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月20日

煉瓦煙突と銀杏紅葉

煉瓦銀杏煉瓦煙突銀杏







煉瓦煙突銀杏煙突

cjs0188 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月18日

飛行機雲

ふと見上げると晩秋の空に飛行機雲
飛行機雲飛行機雲

cjs0188 at 19:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月15日

銀杏色づく〜西金砂神社

場所:西金砂神社境内(2006-11-15撮影)
西金砂神社鳥居左に見事な大銀杏が鎮座しています。
この銀杏が色づきはじめました。もう一本は色づき多少散り始めています。
銀杏西金砂神社銀杏西金砂神社

cjs0188 at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月14日

久慈浜から朝日

朝日久慈浜朝日

cjs0188 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月13日

銀杏色づく〜茨城県近代美術館前

場所:茨城県近代美術館前(水戸市千波町)2006-11-13撮影
銀杏色づく〜茨城県近代美術館前銀杏色づく〜茨城県近代美術館前

cjs0188 at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

飛行機雲

ふっと見上げた空に飛行機雲が・・・(2006−11−10PM4:00)
飛行機雲飛行機雲

cjs0188 at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月08日

けさの富士山:2006-11-08

常陸太田市武生神社裏手から;2006−11−07am7:00 気温4℃
富士山は6合目まで積雪しているそうです。
(画像が薄くて見づらいですが,拡大クリックしてください)
富士山061108

cjs0188 at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ