2010年03月07日

鹿島神宮棒揃え廻り祭頭(6)バックデコレーション女子

鹿島神宮 棒揃え廻り祭頭(6)バックデコレーション女子
◆開催日時:[2010]平成22年2月21日(日)午前8:15より3:45まで
◆開催場所:津賀郷周辺 大同西小学校(鹿嶋市武井)など

 3月9日に行われる鹿島神宮祭頭祭を前に、今年当番を務める鹿嶋市津賀郷において、本番前のリハーサルを兼ねて棒揃え廻り祭頭が行われ、400人近くの住民が極彩色の衣装や化粧をして地区内を練り歩きました。

 祭頭祭の囃子人の動作や身なりを見ていて、なぜにこれほども派手なのかと考えつつ思い出したことは、日本の神話にでてくる天の岩戸のお話です。神様の気を引くために華麗な服装をしているのでは・・・。

 日本の神話によると、天照大神が天岩戸に隠れて世界が暗闇になったとき、神々は大いに困り、岩戸の前で様々な儀式を行い、あめのうずめの命は妖艶な動作で踊って、神々は大笑いした。
沸き起こった笑いにさそわれて天照大神が覗き見をしようとして戸を少しあけた所、アメノタヂカラオにひっぱり出され、再び世界に光が戻ったといわれています。

鹿島神宮棒揃え回り祭頭(17)デコレーションW鹿島神宮棒揃え回り祭頭(17)デコレーションW






鹿島神宮棒揃え回り祭頭(17)デコレーションW鹿島神宮棒揃え回り祭頭(17)デコレーションW






鹿島神宮棒揃え回り祭頭(17)デコレーションW鹿島神宮棒揃え回り祭頭(17)デコレーションW






鹿島神宮棒揃え回り祭頭(17)デコレーションW鹿島神宮棒揃え回り祭頭(17)デコレーションW

cjs0188 at 00:57│Comments(0) お祭り | 鹿嶋市

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ