2010年03月03日

鹿島神宮棒揃え廻り祭頭(2)出陣式

鹿島神宮 棒揃え廻り祭頭(2)出陣式
◆開催日時:[2010]平成22年2月21日(日)午前8:15より3:45まで
◆開催場所:津賀郷周辺 大同西小学校(鹿嶋市武井)など
8:15祭事事務所で出陣式
8:30出陣
3:15まで津賀郷を練り歩く

 3月9日に行われる鹿島神宮祭頭祭を前に、今年当番を務める鹿嶋市津賀郷において、本番前のリハーサルを兼ねて棒揃え廻り祭頭が行われ、400人近くの住民が極彩色の衣装や化粧をして地区内を練り歩きました。
  
 各地で行われる伝統的なお祭では本祭日の前後に予備的な行事を行う慣わしがあります。
たとえば西金砂神社小祭礼では前日に花纏笠揃、後の日に花纏笠抜が行われ、また湊八朔まつりでは前日に手古舞行列が市内を練り歩きます。
それぞれ、お祭の前触れ、町内へのお披露目、リハーサル、あるいは慰労会の意味があるものと思われます。
 
「鹿島の祭頭祭」でも同様の意味で「棒揃え廻り祭頭」が行われました。
 棒揃え:最終的な練習と棒数の確認を行う行事。
 廻り祭頭:鎮守の杜をはじめ、大総督家、または学校や大字内を囃し廻ること。
この日の行程は祭事事務所で出陣式→近津神社で奉納囃子→大同西小学校フル→かんた坂で囃す→祭事委員長宅囃しこみ→祭事事務所へという強行軍です。

(鹿島神宮祭頭祭の取材は何度か経験がありますが「棒揃え廻り祭頭」は初めての撮影で、興味深く見物しました。)

(2)出陣式
 朝8時、およそ400人の人々が祭事事務所に集まり終える頃、池田大総督と池田家の家族親族がバスで到着したところを、楽士が太鼓を打ち鳴らしお囃子をにぎやかに歌いながら出迎え誘導し、大総督が壇上に着座したのち出陣式が始まります。

左方大頭都賀郷 廻り祭頭祭出陣式式次第
一.開式の辞
一.祭事委員長挨拶
一.大総督挨拶
一.来賓祝辞
一.鏡開き
一.乾杯
一.出陣
 楽士、馬簾(ばれん)、祭事役員がそれぞれ三重の輪をつくり、楽士は一斉囃子でにぎわし、馬簾を差し上げ、祭事委員はちょうちんを振りかざし、にぎやかに気勢を上げた後出陣しました。
鹿島神宮棒揃え回り祭頭(3)出陣式鹿島神宮棒揃え回り祭頭(3)出陣式







鹿島神宮棒揃え回り祭頭(3)出陣式鹿島神宮棒揃え回り祭頭(3)出陣式







鹿島神宮棒揃え回り祭頭(3)出陣式鹿島神宮棒揃え回り祭頭(3)出陣式







鹿島神宮棒揃え回り祭頭(3)出陣式鹿島神宮棒揃え回り祭頭(3)出陣式










cjs0188 at 00:43│Comments(0) お祭り | 鹿嶋市

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ