2010年02月01日

古徳沼の白鳥 あんよが冷たい!?

2010年1月18日撮影
 那珂市瓜連(うりづら)の古徳沼には毎年100羽をこえるハクチョウが飛来し、越冬しています。
古徳沼は里山にあるため池で、周囲は樹林に囲まれていて撮影した写真のバックに余計なものが写らないので、写真愛好家の絶好の撮影場所であり、3月ともなれば朝日と光輝く白鳥をねらって多くのマニアが集まります。

 1月18日ころ、我が家の温度計がマイナス6度を5日間記録した日、古徳沼の水面が凍りつき、カモや白鳥は氷の上を歩いていました。

白鳥以外に多くの鳥がウォッチングできます。
マガモ、コガモ、オナガガモ、ヨシガモ、カルガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワセミなど
年によっては珍しい種類も観測できます。
ハシビロガモ、黒鳥、コブハクチョウ、オシドリ、ヒシクイなど

冬場はバードウォッチングの楽しみが倍加します。
毎朝ウォーキングするときに双眼鏡とデジカメを持って、西山公園や源氏川土手沿いで観察しています。アオサギ、アカゲラ、エナガ(かわいい小鳥)、カワセミ、コゲラ、シジュカラ、ジョウビタキなどが見られます。

また里川河川敷の家庭菜園でも鳥を双眼鏡で追っかけています。
キジ、トンビ、モズ、カワウ、カワセミ、チョウゲンボウなど
古徳沼10-1-18白鳥古徳沼10-1-18白鳥






古徳沼10-1-18白鳥古徳沼10-1-18白鳥






古徳沼10-1-18白鳥古徳沼10-1-18白鳥

cjs0188 at 18:58│Comments(0) 白鳥の古徳沼 | 那珂市

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ