2010年01月30日

菅生沼の野焼き(6)白鳥の泥歩き

菅生沼の野焼き(6)白鳥の泥歩き
◆日時:[2010]平成22年1月24日(日)9:00〜12:00
◆場所:常総市菅生町無量寺下菅生沼
◆集合:菅生大橋下空き地
◆目印:法師戸水門(こげ茶色の巨大な建造物)
◆問合:坂東市大崎ミュージアムパーク茨城県自然博物館
◆目的:絶滅が心配される植物の生育環境を守る

 菅生沼には毎年300羽を超える白鳥が飛来し多くの人々の心を楽しませてくれています。
群れになって飛び立つ姿はダイナミックで、かつ飛行姿勢は実に美しいものがあります。

 白鳥は湖で優雅に泳いでいるイメージがありますが、野焼きのあった菅生沼下流部は水位が浅く泥が見えている部分が多くあり、本来なら水をかく足で泥をかくように歩いています。
頭を泥の中に突っ込んで餌を探しても、泥の付いた頭を洗ってくれる水がありません、黒鳥のような白鳥です。

 白鳥を見るためのお勧めポイントは天神山や茨城県自然博物館付近で、きれいな白鳥が観察することができます。
 白鳥は親子の家族単位で行動する性質があり、秋に日本に家族で渡ってきた頃には灰色の幼鳥を伴っています。一冬暖かい水辺で餌をとり、3月には元気に北に帰るときも家族で飛び立ちます。
家族のうち一羽でも傷ついたものがいると、その回復を待ついつまでも帰らない白鳥を目撃することがあります。
菅生沼の野焼きハクチョウ菅生沼の野焼きハクチョウ







菅生沼の野焼きハクチョウ菅生沼の野焼きハクチョウ







菅生沼の野焼きハクチョウ菅生沼の野焼きハクチョウ

cjs0188 at 00:27│Comments(0) たのしいイベント | 常総市

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ