2009年12月16日

めでたし!福寿草 開花

 我が家の福寿草が、黄の色をのぞかせるほどに開き始めました。
十数年前、一芽二芽買い求め、庭の紅葉の根元に植えておいたもの、今では10倍の20芽ほどの株になっています。

 歳時記「花咲かじじい」(筆者が目に付いた花の開花日を記録してあるカレンダー)によると、例年咲くのは1月10日頃、今年は一ヶ月も早く咲いたことになります。
今シーズンは11月から12月にかけていつになく温かい日がつづき、11月20日頃から連日降りるはずの霜もまだ3,4回しか見ていません。

 福寿草 は キンポウゲ科の多年草で晩秋に芽を出し、冬に花が咲くことから、春一番新年を祝う花として福寿草の名が付けられ、福を招く縁起の良い花として喜ばれます。

今年は冬から縁起が良いワイ!孫の誕生祝いだ!

福寿草福寿草

cjs0188 at 01:03│Comments(0) 花めぐり | 常陸太田市

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ