2008年08月01日

みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列(2)

みなと八朔まつり 稚児・手古舞行列
行列の構成
先導車1台、役員2人、小頭:旗持ち一人、拍子木1人、金棒持ち2人、手古舞(女性5人、高校生2人、小学生6人?、幼児6人?)、稚児10人、役員10人、救護車1台。
行列の前後に交通整理役員4人。お囃子と町内への案内は先導車より流す。

 手古舞は長襦袢を右肌ぬぎ、 伊勢袴・手甲・脚絆・足袋・わらじを着けた装束で、花笠を背に、鉄棒(アルミ製ではない。8月3日に現地で手に持ってみたら案外重い物であった。)を突き、 芸名を書いた提灯を持っています。前の女性は金棒で調子をとりながら歩いていきます。

 以前は那珂湊の芸者や17,8歳の娘が勢揃いしたが、最近は少子化のため4歳の幼児まで行列しなければ人数が揃わないそうです。
それにしても、小学生以下が那珂湊市中を夕方まで歩くというのはかわいそうなことです。

稚児・手古舞行列の意味
 お祭りでは山車の先導役として手古舞や金棒持ち(烏山山あげ祭りや日立水木のささらなど)がその役につきましたが、今日は山車がありません、手古舞行列だけです。
 これは推測するに、電話もテレビもないずっと古い時代に「明日からお祭りだよ、みんな見に来てね」とふれ歩く意味があったのではないでしょうか。
行列の役員にきいてもわからない、「何せ50年ぶりの当番町だから」
ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)






ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)







ま祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)祭みなと八朔まつり08-07-31(7)稚児・手古舞行列(2)

cjs0188 at 23:24│Comments(2) お祭り | ひたちなか市

この記事へのコメント

1. Posted by えこ   2008年08月04日 15:02
2年後には我が町内も年番が廻ってきます。役員さんたちは経費の捻出に頭を悩ませています。
去年までは本祭りが出来かったので今年は大いに盛り上がったようです。
各地に色々な夏祭りがありますがやはり自分の生まれ育った町の祭りが一番です。今日もまだ「オッシャイばやし」の音が耳に残っています。
2. Posted by 柳生   2008年08月04日 20:02
えこさんへ
早速のコメントを有難うございます。
 おっしゃるように「八朔祭り」はすばらしいお祭りで、町内のみなさんが和気あいあいとお祭りを楽しんでいるのが感じられました。
今年で4回目の撮影ですが行く度にあたらしい発見があり興味が尽きません。

 可能なら次のようなことを教えてください。
…鹽瑤法岼子」「さゆり」などと名前を書き込んでありますが、これは本名ですか、芸名でしょうか?
年番町の負担する経費は、祭り全体の経費でしょうか、自分の町内だけでよいのですか?
わかればよろしくお願いします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

CJS常北システム

町の話題いろいろ